メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

テンセント/騰訊控股@好決算で株価高値更新,年初の2倍以上の400香港ドル台に

投稿日:2017年11月19日 更新日:

中国株の代表格的な存在のIT大手のテンセント/騰訊控股 (香港取引所コード00700) が11月15日に公表した決算が市場の予想を上回る内容だったため、16日から株価が上昇、今月中は300香港ドルで足踏み状態でしたが、16日に年初の2倍以上の400香港ドルを超えました。

テンセントの株価は、2017/1/3に188香港ドルでスタートし、ほぼ1年近く右肩上がりで株価が上昇しています。



■テンセントの決算内容

テンセントの7-9月(第3四半期)決算は、売上高は61%増の652億元(市場予想610億元)、純利益は69%増益の180億元(市場予想158億元)と市場の予想を上回りました。

好決算の理由としては、テンセントは、「王者栄燿」などのゲームの人気や公告事業の急拡大が寄与したと分析しています。

■テンセントの株価の推移

日本の株式市場では、株価がテンバーガー(10倍)になる条件の一つとして、売上・利益が20%以上増加することとしています。

ただ、この条件は時価総額が100億円以下の企業にあてはまるとされています。

テンセントは、時価総額が世界上位10位以内に入る規模ですので簡単には株価が2倍には
ならないのではと思いがちですが、現実的に特に2017年に入ってから株価は2倍に到達しています。

日本の株式市場でトヨタの株価が2倍になるなんて考えられないことを思い浮かべれば、いかにテンセントの株価の推移が驚異的か理解できるのではないかと思います。



■今後のテンセントの株価の行方を予想

今回の好決算を受けて、ドイツ銀行や野村証券は、テンセントの目標株価を大幅に引き上げました。

テンセントの株価は日本円換算で約5,700円です。

この株価が安いかどうか比較するには同じ中国でテンセントの競合とされていて、ほぼ同じ事業規模のアリババの株価と比べるのが適当ではないかと思います。

ただ、アリババは香港市場には上場しておらず、アメリカ市場のADR(預託証券)として上場、米ドル単位で売買されています。

そのアリババの11月17日現在の株価は185米ドルです。

日本円換算で約2万1,000円とテンセントの約4倍となっています。

私はテンセントもアリババも保有していますが、株価上昇の勢いはテンセントのほうが
強いです。

これは、今後のテンセントの事業の見通しが有望なことに加えて、株価がまだ割安と判断されているからではないかと考えています。

アメリカのシティは、テンセントの株価について、600香港ドルと強気の予想をしていますが、私も今のテンセントのビジネスの勢いからするとそれぐらいはクリアできると考えていますので、さらにホールドし続けるつもりです。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中国IT大手テンセントの株価、過去最高値更新?目標株価引き上げ500香港ドルに

中国IT企業を代表する存在といえるテンセントの株価が、このところ急ピッチで上昇しています。 私は、テンセント株を10年以上保有していますが、その間に株価は20倍近くになっています。 最近では、2018 …

no image

テンセントの株価が2018年3月23日に急落した理由とは

テンセントは、2018年3月21日に年間売上高が前年比56%増の370億ドルだったことを明らかにしました。 この決算内容だけをみたら、業績絶好調と個人投資家は捉えがちですが、機関投資家を中心とした市場 …

no image

科大訊飛(アイフライテック)や小米は全人代代表企業で中国政府お気に入り?

5年に一度開催される中国共産党の党大会の次に中国における重要な政治イベントである、全国人民代表大会(全人代)が3月に開催されました。 この全人代には中国全土の共産党や政府の指導者が集まりますが、経済分 …

no image

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済 …

no image

中国株 おすすめ銘柄 2018一覧【鉄板はテンセントにアリババ】

私が中国株を始めた2004年ごろは、中国株のおすすめ銘柄といえば、不動産最大手の万科企業(チャイナ・ヴァンカ)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、上海振華重工(シャンハイ・ヂェンファ・ヘビー・ …