メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事 日本株に関する情報

ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率首位に米国株のマイクロソフトが浮上

投稿日:2017年11月19日 更新日:

独立系の投資信託で最も人気の高い”ひふみ投信”は、当初は国内株だけを運用対象としていましたが、最近、その対象を外国株、特に米国株に広げています。

”ひふみ投信”は、他の投資信託商品と同じように毎月の運用状況を公開していますが、このほど公開された2017年10月分の運用状況で、下記のように組み入れ率首位にアメリカ株のマイクロソフトが浮上していることが明らかになりました。

マイクロソフトは9月の時点では、組み入れ率が3位でした.



■ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率状況

1位 マイクロソフト  1.8%

2位 共立メンテナンス 1.7%

3位 東京センチュリー 1.7%

4位 あいホールディングス 1.6%

5位 ルネサスエレクトロニクス 1.6%

6位 古河電気工業   1.6%

7位 アマゾン・ドットコム 1.5%

8位 アマノ      1.5%

9位 兼松       1.5%

10位 九電工      1.5% 

ひふみ投信は、独立系のレオス・キャピタルワークスが設定・運用を開始しましたが当初は日本株のみを投資対象としていました。

ただ、ひふみ投信は、運用成績が好調なことと「買付時」と「解約時」の手数料は無料等低コストなこと、テレビやマネー雑誌で頻繁に取り上げられることを通じて、販売会社も増加する一方で、運用資産も1,000億円単位と日本有数の巨大な投資信託商品となっています。

運用資産が巨額になると運用対象も大型株にならざるを得ないのでしょう。



■アメリカ株の定点観測として利用できるひふみ投信

ひふみ投信は、投資対象の企業の社長と必ず面談するということですが、レオス・キャピタルワークス率いる藤野氏がマイクロ・ソフトの総帥のビル・ゲイツと面談して、業績のヒヤリングをしたのかは不明です。

マイクロ・ソフトは、スマホ時代となってから、アップルに主役の座を奪われた感じですが、今は、クラウド事業でアメリカでも有数のシェアを誇るようになっています。

私はマイクロソフトを一度も投資対象にしたことはありませんが、運用のプロには、素人にはわからない強み・将来性を感じるのかもしれません。

個人投資家だとアップル、フェイスブック、アマゾンにグーグルが人気がありますが、”マイクロソフトは終わった株”と見做されている感がありますので、投資のプロがなぜマイクロソフトなのかという点で興味はつきません。

ひふみ投信は、アマゾン・ドットコムにも多額の投資をしていますので、米国株の定点観測として、ウオッチしていくのも良い方法だと思います。

米国株に関する情報はどうしても不足気味になりがちですので、ひふみ投信のような運用のプロが、どの企業を投資対象とするのかをみていくだけでも貴重な情報になると思います。



-アメリカ株に関する記事, 日本株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …

no image

2018年3月12日の日経平均予想と注目株

■2018年3月12日の日経平均予想 ★株式市場をめぐる環境 3月9日のアメリカ雇用統計の好調な数字をうけて、NYダウが+440.53の大幅高。 大幅高の要因にはトランプ・金正恩電撃会談による、戦争リ …

数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法(扶桑社)を読んでみた感想・書評

今日、たまたま立ち寄った本屋の投資本コーナーに出版されたばかりの ”月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法(扶桑社)”という本が目立つとことに置いてありました。 こ …

【朗報】楽天証券がアメリカ株の売買手数料を大幅値下げ@業界最安水準に

私は、10年まえからアメリカ株に投資していますが、その当時、アメリカ株について取り扱い銘柄数、注文方法が最も優れていたのが楽天証券でした。 以来、アメリカ株や米国ADR上場のインド株や中国株、ブラジル …

ひふみ投信2017年7月度の運用先企業のシェア4位にマイクロソフトが浮上

ひふみ投信は、独立系の投信会社レオス・キャピタルワークスが設定・運用して、長期間にわたり、運用成績が優れていることで個人投資家に根強い人気があります。 ひふみ投信は、月単位で、どの企業にどのくらいのウ …