メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事 日本株に関する情報

ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率首位に米国株のマイクロソフトが浮上

投稿日:2017年11月19日 更新日:

独立系の投資信託で最も人気の高い”ひふみ投信”は、当初は国内株だけを運用対象としていましたが、最近、その対象を外国株、特に米国株に広げています。

”ひふみ投信”は、他の投資信託商品と同じように毎月の運用状況を公開していますが、このほど公開された2017年10月分の運用状況で、下記のように組み入れ率首位にアメリカ株のマイクロソフトが浮上していることが明らかになりました。

マイクロソフトは9月の時点では、組み入れ率が3位でした.



■ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率状況

1位 マイクロソフト  1.8%

2位 共立メンテナンス 1.7%

3位 東京センチュリー 1.7%

4位 あいホールディングス 1.6%

5位 ルネサスエレクトロニクス 1.6%

6位 古河電気工業   1.6%

7位 アマゾン・ドットコム 1.5%

8位 アマノ      1.5%

9位 兼松       1.5%

10位 九電工      1.5% 

ひふみ投信は、独立系のレオス・キャピタルワークスが設定・運用を開始しましたが当初は日本株のみを投資対象としていました。

ただ、ひふみ投信は、運用成績が好調なことと「買付時」と「解約時」の手数料は無料等低コストなこと、テレビやマネー雑誌で頻繁に取り上げられることを通じて、販売会社も増加する一方で、運用資産も1,000億円単位と日本有数の巨大な投資信託商品となっています。

運用資産が巨額になると運用対象も大型株にならざるを得ないのでしょう。



■アメリカ株の定点観測として利用できるひふみ投信

ひふみ投信は、投資対象の企業の社長と必ず面談するということですが、レオス・キャピタルワークス率いる藤野氏がマイクロ・ソフトの総帥のビル・ゲイツと面談して、業績のヒヤリングをしたのかは不明です。

マイクロ・ソフトは、スマホ時代となってから、アップルに主役の座を奪われた感じですが、今は、クラウド事業でアメリカでも有数のシェアを誇るようになっています。

私はマイクロソフトを一度も投資対象にしたことはありませんが、運用のプロには、素人にはわからない強み・将来性を感じるのかもしれません。

個人投資家だとアップル、フェイスブック、アマゾンにグーグルが人気がありますが、”マイクロソフトは終わった株”と見做されている感がありますので、投資のプロがなぜマイクロソフトなのかという点で興味はつきません。

ひふみ投信は、アマゾン・ドットコムにも多額の投資をしていますので、米国株の定点観測として、ウオッチしていくのも良い方法だと思います。

米国株に関する情報はどうしても不足気味になりがちですので、ひふみ投信のような運用のプロが、どの企業を投資対象とするのかをみていくだけでも貴重な情報になると思います。



-アメリカ株に関する記事, 日本株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

NEWART(東証スタンダード上場)から100株で7500円の配当金と株主優待券をゲット

高利回りで注目が高まっているNEWART(東証コード7638)について株主の立場で分かりやすくご紹介します。 東証スタンダード上場のNEWARTから7500円の配当金と株主優待券をゲットしました。 私 …

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

世界のクラウド事業のシェア@トップは断トツでアマゾン、2番手は意外にも?MS

世界に星の数ほどあるIT企業にとって、クラウド事業は有望な市場です。 先週、相次いで2018年7~9月期の四半期決算を発表したアマゾンとグーグルの持ち株会社のアルファベットはどちらもクラウド事業が好調 …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。 これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を …