インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

投稿日:

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。

そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM株を約30%売却していたことが明らかになりました。



■業績不振続きのIBM

IBMは、大型コンピューター時代の覇者でしたが、PC時代に入るとマイクロソフト等の新興企業に主役の座を奪われました。

そのため、事業の主力をコンピューター製造・販売から、付帯サービスに足場を変えつつありましたが、今度はクラウドビジネスが発展したことで、アマゾンやグーグル等に主役の座を奪われた状況が続いています。

ただ、IBMは、クラウド事業に注力、現在ではアマゾン、グーグル、マイクロソフトに次いで4番手にまでシェアを伸ばしていますが、業績は2017年7~9月期まで22四半期連続で減収と振るわない状況から脱することができないでいます。

業績に見切りをつけられた格好のIBM株は2017年に入り、約10%下落とかつて、アメリカを代表するコンピューター会社だったころの勢いは完全に失せた感じです。

恐らく、長期保有が原則のバフェット氏としても、見切りをつけたのでしょう。

IBM株については、”あのバフェット氏が見切りをつけた”ということで、株価の低迷については関心をよんだとしても投資対象として注目されることは当分、見込めないでしょう。

■バフェット氏が買い増した株

バフェット氏は、IBMに見切りをつけた一方で、アップルや金融ビジネスのシンクロニー・ファイナンシャル株やバンク・オブ・アメリカ株の保有を増やしたということです。

バフェット氏は以前から、”IT系企業と航空会社には投資しない”と明言していますが、アップルについては、IT系企業とは見なしていないのでしょう。

確かにアップルは、PERが約18倍(2017年11月17日現在)と以外にも割安となっていますのでバフェット氏からすると”アップルはお買い得”と考えたのかもしれません。

アップルはIPHONEXが好調のようですので、投資対象として注目する価値はありそうです。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。 これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を …

エヌビディア(ティッカーNVDA)の将来性について、株価が1年で3倍、今後は

ソフトバンクの総帥、孫正義氏が10兆円ファンドを通じて出資したことで日本で知られるようになったエヌビディア(ティッカーNVDA)。 孫氏は資本金の約5%に相当する約4000億円を出資しています。 孫正 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …