メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

科大訊飛(アイフライテック)が株価高値更新@初めて70人民元突破

投稿日:

中国におけるAI分野のトップ企業と目されている深センA市場上場の科大訊飛(アイフライテック)が11月20日に株価上昇、終値で70.26人民元をつけ、高値更新でひけました。




■北京汽車集団との提携報道をきっかけに株価上昇

先週、科大訊飛(アイフライテック)が中国国有自動車大手の北京汽車集団と自動車用の音声AI開発で提携と報じられたことを材料に株価が上昇しています。

北京汽車集団は、ドイツのダイムラーと共同で電気自動車(EV)を生産するため50億元(約835億円)を投資することをこの夏に発表しており、科大訊飛(アイフライテック)にとって有望市場の一つであるEV市場に足がかりを築いたといえます。

■科大訊飛(アイフライテック)の技術は世界レベル

科大訊飛(アイフライテック)は、中国のシリコンバレーといわれる深センに本拠を置く新興企業ですが、そのAIに関する技術は、アメリカ大手IT企業とほぼ同レベルで、日本のNTT等の有力企業も太刀打ちできないレベルに達しています。

また、事業分野も教育・医療・司法と幅広いことも魅力です。

先日、行われた5年に1度の中国共産党大会で”今後、国家としてAIに注力する”と表明されたこともあり、科大訊飛(アイフライテック)の将来性について注目する投資家も増えています。

私は、この10月に東洋証券主催で行われた科大訊飛(アイフライテック)投資説明会での中国人経営幹部の事業説明を聞き、即座に投資する価値がある企業だと思い、10月中に500株購入しました。

↓科大訊飛(アイフライテック)投資説明会の記事はコチラから↓
http://americakabu5050.online/archives/65

■AI市場が有望な中国

中国のような国民に言論をはじめ、様々な束縛を強いる国で”AIの技術が進んでいる”ということに意外な感を抱く人は多いようですが、中国は日本の10倍の人口がいるため、教育・医療等膨大なデータがあり、それらをコンピューターに学習させることで進歩のスピードを速めています。

AIは、有用なデータをいかに沢山、コンピューターに学習させることができるかで、優劣が決まるといって過言ではありません。

10億人を超す巨大な人口から生み出される膨大なデータを保持する中国がAI分野で国際的に優位にたてるのは必然ともいえます。

残念ながら、日本はAIで中国に完全に遅れをとっているようです。

これから先のAIに関わるビジネスの広がりを考えると、科大訊飛(アイフライテック)が第二のテンセントになる可能性は十分にあると思います。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アリババが2018年夏の中国本土取引所への上場計画を材料に200ドルを突破

中国の代表的なIT企業のアリババが中国本土の証券取引所で株式上場を計画していると米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたことが材料視され、2018年3月17日のアメリカ株式市場で窓を空けて上昇、2 …

no image

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となった中国企業とは

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。 投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビデ …

no image

中国株 おすすめ銘柄 2018一覧【鉄板はテンセントにアリババ】

私が中国株を始めた2004年ごろは、中国株のおすすめ銘柄といえば、不動産最大手の万科企業(チャイナ・ヴァンカ)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、上海振華重工(シャンハイ・ヂェンファ・ヘビー・ …

no image

中国IT大手テンセントの株価、過去最高値更新?目標株価引き上げ500香港ドルに

中国IT企業を代表する存在といえるテンセントの株価が、このところ急ピッチで上昇しています。 私は、テンセント株を10年以上保有していますが、その間に株価は20倍近くになっています。 最近では、2018 …

no image

テンセントの株価が2018年3月23日に急落した理由とは

テンセントは、2018年3月21日に年間売上高が前年比56%増の370億ドルだったことを明らかにしました。 この決算内容だけをみたら、業績絶好調と個人投資家は捉えがちですが、機関投資家を中心とした市場 …