メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

アリババが2018年夏の中国本土取引所への上場計画を材料に200ドルを突破

投稿日:

中国の代表的なIT企業のアリババが中国本土の証券取引所で株式上場を計画していると米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたことが材料視され、2018年3月17日のアメリカ株式市場で窓を空けて上昇、200.28ドルで引けました。




アリババの株価は、この1年で約2倍に上昇していますが、2018年1月以降は2月の世界的な株安の影響もあり、この2ヶ月ほどは180ドルから190ドル台でもみ合い状態となっていました。

今回の株価上昇は、中国で上場することによってこれまで以上に資金が流入して、株価上昇に弾みがつくことを期待した投資家がいわば”先回り”で購入したからだとみられてます。

■アリババとテンセントの差は上場先の違い?

私は、アリババと宿敵のテンセントの両方の株を保有していますが、この1年の株価上昇の速度はテンセントのほうが明らかに上回っています。

業績面では、どちらも絶好調ですが、テンセントが2004年の上場当初から、香港市場に上場しているのに対し、アリババは2014年9月にニューヨーク証券取引所(NYSE)に米預託証券(ADR)として上場して、現在に至っています。

おそらくテンセントとアリババの株価上昇スピードの差は、この上場先の違いに原因があるのではないかと思います。

中国株市場は、日本株市場と違い個人投資家のウエイトが高いですので、アリババが中国本土市場にも上場するとなるとその知名度から、一躍人気株となること必至でしょう。

報道によれば、早ければ今年の夏にも中国本土市場で新規公開される見込みということです。

今回のアリババの”本土復帰”は、中国政府が中国のIT大手の資本を本国市場に呼び戻すという政策が背景にあるとみられています。

■アリババは”ネット上の大手小売業”?

個人的にはテンセントのほうがアリババより、将来有望ではないかと考えていますが、アリババはIT企業というより、”ネット上の大手小売業”と捉えていますので、この2社は別の業種と判断して、長期保有しています。




-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

米シティがテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げ★再び右肩上がりか?

アメリカのシティが中国の世界的IT企業のテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げたと報じられました。 テンセントの株価は、2018年3月13日は前日比、+2.80の462.80HKDで引けました …

no image

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済 …

科大訊飛(アイフライテック)の中国株投資説明会に行ってみた

中国のAI(人口知能)市場でトップ企業と評される科大訊飛(アイフライテック)の投資説明会が東洋証券主催で先日、行われましたので参加しました。 科大訊飛(アイフライテック)といってもご存じない方も多いの …

no image

中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧(百度、テンセント他)

今年に入り、中国で天猫やアリペイを運営するIT企業の雄の”アリババ”が中国本土市場に上場するのではないかという見方が浮上しています。 そもそもアリババは、香港市場で上場デビューを目論んでいましたが、審 …

no image

テンセントの株価が2018年3月23日に急落した理由とは

テンセントは、2018年3月21日に年間売上高が前年比56%増の370億ドルだったことを明らかにしました。 この決算内容だけをみたら、業績絶好調と個人投資家は捉えがちですが、機関投資家を中心とした市場 …