メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

科大訊飛(アイフライテック)や小米は全人代代表企業で中国政府お気に入り?

投稿日:2018年3月17日 更新日:

5年に一度開催される中国共産党の党大会の次に中国における重要な政治イベントである、全国人民代表大会(全人代)が3月に開催されました。

この全人代には中国全土の共産党や政府の指導者が集まりますが、経済分野として一部の有力企業の経営者も参加しました。

今回は、科大訊飛(アイフライテック)や小米(シャオミ)、テンセント、レノボ等の有力企業の経営者が代表として選ばれました。

共産主義というより、国家資本主義的な体制の中国では、企業に対する統制が厳しいこともあり、中国政府に一度、睨まれると事業の停止、あげくは企業の解散を命じられることもあります。

その一方で、”政府お気に入りの企業”となると様々な形で、庇護をうけ、事業活動を優位に展開することが可能になります。



■科大訊飛(アイフライテック)は、AI分野の国策企業

中国政府は、今回の全人代で政策方針として、今後、発展が見込まれるAI(人口知能分野)に注力していくことを明らかにしました。

科大訊飛(アイフライテック)は、AIでも特に音声認識技術に強みを持っており、その技術レベルは米国を含めた世界の中でトップクラスと目されています。

すでに技術的には他社をリードしている科大訊飛は、いわば”中国政府公認のAI企業”として、今後、飛躍的な発展が期待できるのではないかと思います。

様々な技術テストで、アメリカのグーグルやNTT等の日本の有力企業を上回る成績を残していますので、課題は”優れた技術をどう金儲けに結びつけていくか”でしょう。

■科大訊飛(アイフライテック)の株価の行方

実際、株価については、業績面では、まだ剋目すべき成長がみられていいないこともあり、このところ60香港ドル台でもみ合い状態となっています。

株価がテンセントのように大化けできるかどうかは、投資家の期待を上回るような業績をあげられるかどうかにかかっています。

すでに期待が高まっていますので”業績サプライズのハードルが高い”ことが懸念材料といえそうです。




-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済 …

no image

米シティがテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げ★再び右肩上がりか?

アメリカのシティが中国の世界的IT企業のテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げたと報じられました。 テンセントの株価は、2018年3月13日は前日比、+2.80の462.80HKDで引けました …

no image

中国株 おすすめ銘柄 2018一覧【鉄板はテンセントにアリババ】

私が中国株を始めた2004年ごろは、中国株のおすすめ銘柄といえば、不動産最大手の万科企業(チャイナ・ヴァンカ)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、上海振華重工(シャンハイ・ヂェンファ・ヘビー・ …

no image

テンセントは、中国政府公認?IT企業・今後の株価の見通し

10年ほど前は、”中国株でテンセントを購入した”というと”何それ?”と怪訝そうな顔をされたものです。 その後、テンセントは、今や、グーグル、フェイスブック等と肩を並べる世界的なIT企業になりました。 …

no image

テンセント/騰訊控股@好決算で株価高値更新,年初の2倍以上の400香港ドル台に

中国株の代表格的な存在のIT大手のテンセント/騰訊控股 (香港取引所コード00700) が11月15日に公表した決算が市場の予想を上回る内容だったため、16日から株価が上昇、今月中は300香港ドルで足 …