サヤトレード(株式)日々の記録・初心者にも分かりやすく

サヤトレードの考え方やトレード方法を初心者にも分かりやすくお伝えします。

日本株に関する情報

SHIFT(シフト)の株価が爆上げした理由とは?新聞記事が原因?

投稿日:

東証マザーズ上場のSHIFT(シフト)が3月13日から4日連続で株価上昇、
16日に 5,650円で引け、年初来の高値を更新しました。

SHIFT(シフト)は、ソフトウェアのバグを発見・修正することを事業のメインとするユニークな会社です。

さらにソフトウェアのバグを発見するだけでなく、ユーザー視線で”使いやすいか”という観点からもチェックするということも特長です。

現状は、こうしたバグを発見するような事前テストは、多くの企業で自社内で行うことが通例ですが、自社ということで”テストが甘くなりがち”という弱点があり、また、専門の人材がいないというような背景から、ニーズが拡大しているということです。



■日経産業新聞1面でSHIFT(シフト)が特集記事に

私は、日経新聞以外に日経産業新聞を毎日、購読していますが、3月13日(火曜日)付けの一面に”バグ退治5兆円の海 先陣”という大見出しとともにSHIFT(シフト)の特集記事が掲載されました。

記事には、創業者である丹下大社長が写真入で登場、記者のインタビューに答える形で、業務内容、経営目標、起業した動機等について語っていました。

その中で、当初で手がけていたシステムコンサルで顧客となった楽天で、ソフトウェアの事前テストでソフトの手作りツールを使うことで、それまで7億円かかっていたコストを2億円に削減できたことが起業に結びついたということが印象的でした。

■日経産業新聞特集をきっかけに株価が爆上げ?

3月13日(火曜日)に特集記事が掲載されたのと歩調を合わせるようにSHIFT(シフト)の株価が動意づいた感じで、その後、4日連続で上昇、5,000円台を超えてきました。

SHIFT(シフト)は、まだ知名度が高いとはいえませんので、特集記事により初めて
その存在と業務内容を知り、投資対象としたという人が少なからず出たことが、今回、株価が爆上げした理由ではないかと思います。

株価はもともと2017年からほぼ一本調子で上昇きていましたので、一挙にギアがかかったというような動きです。

ただ、PER的には136倍と買われ過ぎのレベルにありますので、投資には慎重なスタンスが必要になりそうです。

私自身は、SHIFT(シフト)は、以前から注目していて、現在も保有しています。

成長株を対象にした運用成績の良い投資信託でもSHIFT(シフト)に投資しているところがあります。

成長株を投資対象とするなら、注目する価値はあるのではないかと思います。



-日本株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本株有望成長株?インソース(6200)を購入してみた

企業や官公庁を対象に研修を提供、急速に業績を伸ばしているインソース(6200)を購入しました。インソースは、2016年7月に東証マザーズに上場して早くも東証1部に昇格。 株価が典型的な右肩上がりと典型 …

no image

日本一ソフトウェア(東証スタンダード)から100株で500円の配当金ゲット★株主優待はなし

東証スタンダード上場の日本一ソフトウェア(東証コード3851)から500円の配当金をゲットしました。 日本一ソフトウェアといっても何をやっているのかご存じない方が大半だと思います。 簡単にご説明します …

no image

JTとアスクルに注目★3月15日の日経平均は下落を予想

2018年3月14日の日経平均は-190.81円と大幅下落となりました。 森友学園を巡る文書書き換え問題が浮上、特に海外投資家が嫌う政治リスクが高くなったことが広く認識されるようになり、国内の投資関連 …

no image

マークラインズ(JASDAQ市場)の株価が急騰した理由とは、そもそもどんな会社?

自動車産業ポータルというユニークな事業を展開しているジャスダック市場上場のマークラインズ(東証コード3901)が12月8日に急騰。今週に入っても、勢いが衰えていません。その理由をわかりやすく説明します …

no image

東証2部・ジャスダック・マザーズの違いと特長を簡単にわかりやすく説明

東京証券取引所を構成する東証1部、東証2部、東証マザーズ、ジャスダックの各市場の違いと特長について、簡単にわかりやすく説明します。 まず、2020年5月における各市場の上場会社数は以下の通りです。 東 …