メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

投稿日:

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに
アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。

そのうちアメリカの大手百貨店のメーシーズは、2016年に売り上げ不振を理由に100店舗を閉鎖する等、リアルの小売業が劣勢となっています。

こうした背景からメーシーズの株価は2017年初めから約50%下落となっています。



■ウォルマートだけ生き残り?組

一方、アメリカの小売業で最も著名なウォルマートは、ネット通販会社を買収した効果で増収増益、株価も上昇とリアル小売で数少ない勝ち残り、生き残り?組。

アマゾンは、米国内で今後、急ピッチでリアル店舗を展開する計画です。

近いうちにアマゾンはネットでもリアルでも小売業のトップランナーとなりそうです。

■アマゾンが今後、有利になる背景

リアルの百貨店やスーパーに比べアマゾンのほうが今後、有利にビジネスを展開するとの見方がアメリアでは有力です。

アマゾンに有利なことは、物心ついたときにはネットでモノを購入したという世代がどんどん、購買力のある年代に育っていることでしょう。

今後、アメリカだけではなく、世界で百貨店・スーパーで買うのが当たり前の世代が今後減っていき、ネットで買う世代が多数派になっていくのは確実です。

もしかしたら、”贅沢品だけは百貨店で”という慣習も廃れ、アマゾンで購入という時代もやってくるのではないかと思います。

そういう意味から、投資先としてはアマゾンは、まだ伸びしろがあると考えます。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。 これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を …

【朗報】楽天証券がアメリカ株の売買手数料を大幅値下げ@業界最安水準に

私は、10年まえからアメリカ株に投資していますが、その当時、アメリカ株について取り扱い銘柄数、注文方法が最も優れていたのが楽天証券でした。 以来、アメリカ株や米国ADR上場のインド株や中国株、ブラジル …

楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10★アマゾン、エヌビディアが人気

アメリカ株に関する情報は、日本株に比べてどうしても少ないので、ときどき参考にしているのが利用している楽天証券の投資情報です。 中でも楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10は、”他の人が今、どんな銘 …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …