メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

投稿日:

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに
アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。

そのうちアメリカの大手百貨店のメーシーズは、2016年に売り上げ不振を理由に100店舗を閉鎖する等、リアルの小売業が劣勢となっています。

こうした背景からメーシーズの株価は2017年初めから約50%下落となっています。



■ウォルマートだけ生き残り?組

一方、アメリカの小売業で最も著名なウォルマートは、ネット通販会社を買収した効果で増収増益、株価も上昇とリアル小売で数少ない勝ち残り、生き残り?組。

アマゾンは、米国内で今後、急ピッチでリアル店舗を展開する計画です。

近いうちにアマゾンはネットでもリアルでも小売業のトップランナーとなりそうです。

■アマゾンが今後、有利になる背景

リアルの百貨店やスーパーに比べアマゾンのほうが今後、有利にビジネスを展開するとの見方がアメリアでは有力です。

アマゾンに有利なことは、物心ついたときにはネットでモノを購入したという世代がどんどん、購買力のある年代に育っていることでしょう。

今後、アメリカだけではなく、世界で百貨店・スーパーで買うのが当たり前の世代が今後減っていき、ネットで買う世代が多数派になっていくのは確実です。

もしかしたら、”贅沢品だけは百貨店で”という慣習も廃れ、アマゾンで購入という時代もやってくるのではないかと思います。

そういう意味から、投資先としてはアマゾンは、まだ伸びしろがあると考えます。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株IPOのスナップ(SNAP)の将来性@第二のフェイスブックかツイッターか

スマートフォン向けの写真共有アプリケーションのスナップをメインの事業とするスナップ(SNAP)は、2017年3月に大型の新規株式公開(IPO)として注目を集めました。 スナップ(SNAP)は、あのFA …

アメリカ株大型IPOのスナップに騰訊控股(テンセント)が出資で株価浮上

日本と同じようにアメリカ株式市場でもIPO株(新規公開株)はありますが、2017年3月に大型上場案件として話題になったのが スナップ(SNAP)です。 スナップ(SNAP)は、写真・動画共有アプリを運 …

2018年8月末現在のアメリカ株保有状況★グーグルを売却してビザを購入

アメリカ株を投資対象とする人は増えていますが、投資理由として配当志向と成長志向に大きく2分されているようです。 ■配当志向と成長志向 配当志向だと、賢人投資家バフェットが好むコカコーラやジョンソン&ジ …

農林中金厳選投資おおぶね(2020年4月現在)の投資対象のアメリカ株をウオッチ

アメリカ株を対象に”売りたくなるような企業には投資しない”というスタンスで、企業を厳選し、運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用レポートが送られてきました。 農林中金厳選投資おお …

ショッピファイ(shopify)株がアメリカ株のテンバーガー候補とされる理由とは?

これまで、ネットを通じた販売というとアマゾンの1人勝ちという状況が長く続いてますが、ここにきて、カナダ発のショッピファイ(shopify)という新興企業がアマゾンキラーとして俄かに注目を集めています。 …