インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

投稿日:

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに
アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。

そのうちアメリカの大手百貨店のメーシーズは、2016年に売り上げ不振を理由に100店舗を閉鎖する等、リアルの小売業が劣勢となっています。

こうした背景からメーシーズの株価は2017年初めから約50%下落となっています。



■ウォルマートだけ生き残り?組

一方、アメリカの小売業で最も著名なウォルマートは、ネット通販会社を買収した効果で増収増益、株価も上昇とリアル小売で数少ない勝ち残り、生き残り?組。

アマゾンは、米国内で今後、急ピッチでリアル店舗を展開する計画です。

近いうちにアマゾンはネットでもリアルでも小売業のトップランナーとなりそうです。

■アマゾンが今後、有利になる背景

リアルの百貨店やスーパーに比べアマゾンのほうが今後、有利にビジネスを展開するとの見方がアメリアでは有力です。

アマゾンに有利なことは、物心ついたときにはネットでモノを購入したという世代がどんどん、購買力のある年代に育っていることでしょう。

今後、アメリカだけではなく、世界で百貨店・スーパーで買うのが当たり前の世代が今後減っていき、ネットで買う世代が多数派になっていくのは確実です。

もしかしたら、”贅沢品だけは百貨店で”という慣習も廃れ、アマゾンで購入という時代もやってくるのではないかと思います。

そういう意味から、投資先としてはアマゾンは、まだ伸びしろがあると考えます。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンが時価総額でグーグルを抜いた背景と今後の見通し

もはや、インターネット通販大手というより、世界的なリアル&ネット小売業というべき存在にまで成長したアマゾンが、株式時価総額でグーグルを抜いて、アップルに次いで2位に浮上しました。 ■アマゾンの株価上昇 …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …

アメリカ株IPOのスナップ(SNAP)の将来性@第二のフェイスブックかツイッターか

スマートフォン向けの写真共有アプリケーションのスナップをメインの事業とするスナップ(SNAP)は、2017年3月に大型の新規株式公開(IPO)として注目を集めました。 スナップ(SNAP)は、あのFA …