メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧(百度、テンセント他)

投稿日:

今年に入り、中国で天猫やアリペイを運営するIT企業の雄の”アリババ”が中国本土市場に上場するのではないかという見方が浮上しています。

そもそもアリババは、香港市場で上場デビューを目論んでいましたが、審査が通らずに
アメリカ市場でADR(米預託証券)という形で上場しています。

やはり、有力IT企業の百度(バイドゥ)やテンセント系の中国版ツイッターと呼ばれる”ウェイボー”もADR上場となっています。

また、中国最大のIT企業のテンセントは香港市場上場で、やはり中国本土市場への上場に意欲を示していると伝えられています。

中国本土市場とは具体的には上海市場と深セン市場を指します。


■なぜ本土市場上場を目指すのか

★資金調達が容易に

アリババやテンセントにとって、中国本土市場を果たせれば、世界一の分厚い個人投資家層を背景に事業活動に必要となる資金の調達が容易になることがメリットとなります。

★背景に中国政府の意向

中国政府は、アリババや百度といったIT系の成長企業を自国市場で上場できなかったことへの反省から、中国版のADR(米預託証券)ともいうべきCDR(中国預託証券)の創設を構想しています。

創設の理由には、アリババやテンセントといった本土市場上場を果たしていない”大物企業の成長を国内で取り込めるようにすること”が念頭にあるとされています。

実際、3月に行われた全国人民代表大会で李首相は、アリババ等を念頭に”海外に上場しているネット企業の上海A株への上場を歓迎する”旨の発言をしています。

こうしたことから、経営者の本心とは別の問題として、どんな巨大な企業であっても、国家資本主義的な体制の中国では、国家の意向に従わざるを得ないという事情もあるようです。

各種報道や中国株式情報によれば中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業は以下の通りです。

■中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧

・テンセント

・アリババ

・チャイナモバイル(中国移動)

・百度(バイドゥ)

・京東集団(JDドットコム)

・網易(ネットイース)

・小米(シャオミ)

上記のうち、小米(シャオミ)は未上場で、上場時期がいつなのかが関心を集めています。
テンセントとアリババの本土市場上場が実現すれば、株価面から相当なインパクトを与えそうです。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

科大訊飛(アイフライテック)や小米は全人代代表企業で中国政府お気に入り?

5年に一度開催される中国共産党の党大会の次に中国における重要な政治イベントである、全国人民代表大会(全人代)が3月に開催されました。 この全人代には中国全土の共産党や政府の指導者が集まりますが、経済分 …

no image

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となった中国企業とは

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。 投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビデ …

no image

中国株 おすすめ銘柄 2018一覧【鉄板はテンセントにアリババ】

私が中国株を始めた2004年ごろは、中国株のおすすめ銘柄といえば、不動産最大手の万科企業(チャイナ・ヴァンカ)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、上海振華重工(シャンハイ・ヂェンファ・ヘビー・ …

科大訊飛(アイフライテック)の中国株投資説明会に行ってみた

中国のAI(人口知能)市場でトップ企業と評される科大訊飛(アイフライテック)の投資説明会が東洋証券主催で先日、行われましたので参加しました。 科大訊飛(アイフライテック)といってもご存じない方も多いの …

no image

中国IT大手テンセントの株価、過去最高値更新?目標株価引き上げ500香港ドルに

中国IT企業を代表する存在といえるテンセントの株価が、このところ急ピッチで上昇しています。 私は、テンセント株を10年以上保有していますが、その間に株価は20倍近くになっています。 最近では、2018 …