メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

2018年8月末現在のアメリカ株保有状況★グーグルを売却してビザを購入

投稿日:

アメリカ株を投資対象とする人は増えていますが、投資理由として配当志向と成長志向に大きく2分されているようです。


■配当志向と成長志向

配当志向だと、賢人投資家バフェットが好むコカコーラやジョンソン&ジョンソン、P&G、3Mあたりを購入する人が多いです。

私はもともとアメリカ株については、成長志向ですので、グーグル、フェイスブック、アマゾン等、いわゆるFANG銘柄に投資してきています。

ただ、今年に入りフェイスブック、ネットブリックスが急落する等、FANG銘柄の中にも先行き不透明なものも出てきました。

■FANG銘柄に次ぐ存在のクレジットカード会社のビザ

そこで、この8月にFANG銘柄の中では株価上昇スピードが鈍いグーグルを売却、新たに世界的なクレジットカード会社のビザを購入しました。

ビザは、日本を含む世界的なブランドで、今後、需要の拡大が見込めるアジアからの利益も取り込めそうですので長期的に成長が期待できると判断し、購入しました。

ビザの株価は、FANG銘柄ほどではないにしてもここ数年、ほぼ一貫して右肩上がりの上昇となっています。

ちなみに日本の人気投資信託商品のひふみ投信でもビザは投資対象上位企業とされています。


■アマゾンとグーグルの差とは

それにしてもアマゾンドットコムの株価が8月末で2,012.7100米ドルと1株が日本円で約20万円となりました。

2018年に入ってからも株価の上昇は衰えをみせません。

これからも保有し続けるつもりですが、一体いくらまであがったら売りなのかが逆に全くわからなくなりました。

同じIT系でも電気自動車等色々やっているけど、今一つ明確なビジネスの方向性がみえないグーグルに比べ、リアルの小売への進出等、ビジネスの先行きが理解しやすいことが株価の上昇にも影響を与えているのではないかと思います。

私がグーグルを売却したのもこのような理由からです。

グーグルを売却し、ビザを購入した結果、2018年8月末現在のアメリカ株保有状況は
以下のようになりました。

■2018年8月末現在のアメリカ株保有状況

・アマゾンドットコム 10株

・エヌビディア    30株

・ビザ        100株


-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひふみ投信2017年7月度の運用先企業のシェア4位にマイクロソフトが浮上

ひふみ投信は、独立系の投信会社レオス・キャピタルワークスが設定・運用して、長期間にわたり、運用成績が優れていることで個人投資家に根強い人気があります。 ひふみ投信は、月単位で、どの企業にどのくらいのウ …

アマゾンキラーのショッピファイがフェイスブックと提携発表で株価高騰

アマゾンキラーとして知られるカナダ発の電子商取引プラットフォーム企業のショッピファイがフェイスブックと提携することが明らかになりました。 フェイスブックは、2020年5月19日に複数のプラットフォーム …

アメリカ株で高配当として魅力のある株ベスト3

アメリカ株に興味を持つ人は若い世代を中心に増えています。 でも、実際にアメリカ株を購入しようとする時に配当を重視して銘柄を選択する人とアップルやフェイスブック等、自分がユーザーとなっている企業から選択 …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …