インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

投稿日:

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。




ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで
アメリカの百貨店・スーパー等のリアル販売をメインとする企業の株価が軒なみ下落、
一種の恐慌状態となっているようです。

このような状況の中、小売業の数少ない勝組になれそうなウォルマートがグーグルと提携することが明らかになりました。

■ウォルマートが開始する新サービス

提携する分野はネット販売で、9月から新サービスを開始する予定。

計画では、新サービスでは、ウォルマートの通販サイトに登録した情報や購入履歴を
グーグルが活用できるような仕組みを提供。

具体的には、顧客が商品名を指定せずに漠然と”タオルが欲しい”とAI機能が搭載されたスピーカーに話しかけると、履歴から直近に購入した商品を提示するというようなサービスを始めるということです。

■ウォルマート・グーグル連合VSアマゾン

ウォルマートは、グーグルと提携してアマゾンとは逆にネット販売に本格的に参入する
というものです。

ウォルマートの強みは、アメリカ中に張り巡らされた5000弱の店舗網。

これで、アメリカの小売業は、ウォルマート・グーグル連合VSアマゾンという構図がはっきりしてきた感じです。

ウォルマートは、2017年5月~7月期決算で利益が約20%減となっていますので、巻き返しを図りたいところでしょう。

ただ、アメリカ国内では、物販におけるAIの活用について先頭を走るアマゾンに追いつくのは難しいのではという見方が有力です。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

no image

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。 ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、 …

農林中金厳選投資おおぶね(2020年4月現在)の投資対象のアメリカ株をウオッチ

アメリカ株を対象に”売りたくなるような企業には投資しない”というスタンスで、企業を厳選し、運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用レポートが送られてきました。 農林中金厳選投資おお …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …