メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

投稿日:

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。




ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで
アメリカの百貨店・スーパー等のリアル販売をメインとする企業の株価が軒なみ下落、
一種の恐慌状態となっているようです。

このような状況の中、小売業の数少ない勝組になれそうなウォルマートがグーグルと提携することが明らかになりました。

■ウォルマートが開始する新サービス

提携する分野はネット販売で、9月から新サービスを開始する予定。

計画では、新サービスでは、ウォルマートの通販サイトに登録した情報や購入履歴を
グーグルが活用できるような仕組みを提供。

具体的には、顧客が商品名を指定せずに漠然と”タオルが欲しい”とAI機能が搭載されたスピーカーに話しかけると、履歴から直近に購入した商品を提示するというようなサービスを始めるということです。

■ウォルマート・グーグル連合VSアマゾン

ウォルマートは、グーグルと提携してアマゾンとは逆にネット販売に本格的に参入する
というものです。

ウォルマートの強みは、アメリカ中に張り巡らされた5000弱の店舗網。

これで、アメリカの小売業は、ウォルマート・グーグル連合VSアマゾンという構図がはっきりしてきた感じです。

ウォルマートは、2017年5月~7月期決算で利益が約20%減となっていますので、巻き返しを図りたいところでしょう。

ただ、アメリカ国内では、物販におけるAIの活用について先頭を走るアマゾンに追いつくのは難しいのではという見方が有力です。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株、これから買うとしたらグーグルかアマゾンか?

米国株を購入したいと思う人の多くは、自分に馴染みのある企業への投資を考えるケースが多いです。 米国株の特長としては、日本だとジャスダック市場に相当するナスダック市場のほうに現在のアメリカの先端IT企業 …

【朗報】楽天証券がアメリカ株の売買手数料を大幅値下げ@業界最安水準に

私は、10年まえからアメリカ株に投資していますが、その当時、アメリカ株について取り扱い銘柄数、注文方法が最も優れていたのが楽天証券でした。 以来、アメリカ株や米国ADR上場のインド株や中国株、ブラジル …

エヌビディア(ティッカーNVDA)の将来性について、株価が1年で3倍、今後は

ソフトバンクの総帥、孫正義氏が10兆円ファンドを通じて出資したことで日本で知られるようになったエヌビディア(ティッカーNVDA)。 孫氏は資本金の約5%に相当する約4000億円を出資しています。 孫正 …

楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10★アマゾン、エヌビディアが人気

アメリカ株に関する情報は、日本株に比べてどうしても少ないので、ときどき参考にしているのが利用している楽天証券の投資情報です。 中でも楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10は、”他の人が今、どんな銘 …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …