メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

日本株に関する情報

チャームケア(6062)が株価2,400円突破、あの片山晃氏も保有

投稿日:

先月、購入したチャームケア(6062)が狙い通り?急騰して
株価が2,000円を超え、一気に2,497円まで上昇しました。



■チャームケア(6062)とは?

チャームケアは、関西を拠点に優良老人ホームを展開しています。
今年から本格的に首都圏に進出し始めています。

関西では、富裕層のシニア層をターゲットにした有料ならぬ優良老人ホーム
を展開していますが、空き部屋室が低く、評判は良いようです。

要するに”料金は高くてよいので質の高いサービスを受けたい”というニーズをうまく
とらえて成長しています。

完全に内需型のビジネスですので、為替の影響がないことも現在の株式市場の時流にあっているのかもしれません。

ところで、会社四季報2017年夏号をみると、このチャームケア(6062)には、今や150億円の資産を保有するといわれる株長者の片山晃氏が大株主として名を連ねています。

どうやら、片山氏は、3年くらい前から投資しているようです。

投資テーマとしても高齢化という息の長いテーマですので、長期保有向きの株と
いえます。

私は、今年に入り注目し始めていますが、やはり、株の猛者は目のつけどころが
良いというか、独特の嗅覚が優れているのでしょう。

3年前に大量にチャームケア株を購入していれば、すでに今の時点で大儲け
状態のはずです。

片山氏のようにこのような株をもっとはやく見つけられるようにしたいものです。



-日本株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

チームスピリット(東証マザーズ)を購入@2,3年は保有する予定

チームスピリットというと世代によっては、湾岸戦争における戦術名かと思うかもしれません。 チームスピリットは、社名でもあるのですが同社が提供する労務管理システムの名前でもあります。 ■チームスピリットの …

no image

東証2部・ジャスダック・マザーズの違いと特長を簡単にわかりやすく説明

東京証券取引所を構成する東証1部、東証2部、東証マザーズ、ジャスダックの各市場の違いと特長について、簡単にわかりやすく説明します。 まず、2020年5月における各市場の上場会社数は以下の通りです。 東 …

no image

日本一ソフトウェア(東証スタンダード)から100株で500円の配当金ゲット★株主優待はなし

東証スタンダード上場の日本一ソフトウェア(東証コード3851)から500円の配当金をゲットしました。 日本一ソフトウェアといっても何をやっているのかご存じない方が大半だと思います。 簡単にご説明します …

no image

ジェイリース(東証プライム)から100株で2500円の配当金と株主優待券は対象外

家賃保証というビジネスで急成長中のジェイリース(東証コード7187)の配当金と株主優待券について株主の立場で分かりやすくご紹介します。 東証プライム上場のジェイリースから2500円の配当金をゲットしま …

no image

マークラインズ(JASDAQ市場)の株価が急騰した理由とは、そもそもどんな会社?

自動車産業ポータルというユニークな事業を展開しているジャスダック市場上場のマークラインズ(東証コード3901)が12月8日に急騰。今週に入っても、勢いが衰えていません。その理由をわかりやすく説明します …