メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

投稿日:

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済新聞2020年5月14日付け朝刊で報じられました。

ラッキンコーヒーは、4月に2019年12月期の決算について、売上高の水増し等の決算数字の改ざんに関与したとされており、解任はその責任を問われたためとされています。




ラッキンコーヒーは、アメリカナスダック市場に2019年5月に上場し、有望投資先としてアメリカでも注目を集めたものです。

かくいう私も”中国のスタバ”というキャッチに惹かれ投資を検討したこともあります。
実際にラッキンコーヒーを飲んだことのある知人からの”すごく美味しい”という評価を耳にしたこともあり、投資対象としてなく、コーヒー好きとしても興味を持ったものです。

ただ、すでに香港株に相当投資していましたことと、ナスダック市場では、アメリカ株をと考えていたこともあり見送りました。

ただ、投資する可能性もあった企業がこのような形で転落していくのを目の当たりにすると改めて、株式投資の怖さを感じます。

ちなみに、私は”中国株をやっているというと即座に大丈夫か?”と言われるようなときから中国株に投資していますが、ラッキンコーヒーのようなケースはしばしばあります。
昔、日本人投資家から”中国のヤマダ電機”といわれていた企業があり、中国株でも注目銘柄となっていましたが、突如、社長が行方不明となり、株価が暴落するということがありました。

この経験から、中国株には、アメリカ株や日本株にはないリスクがあると脳裡に焼き付けています。

アメリカナスダック市場には、中国をはじめとした他の国の企業も上場していますが、投資リスクの他にその国特有のカントリーリスクも念頭に置いて、投資対象を選択することをお勧めします。

特に中国に関しては、日米の投資常識が全く通じないようなことが起こりえますので要注意です。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アイフライテック(科大訊飛)2018年4月以降に 10株につき5株の株式分割を実施予定

中国政府肝いりの国策AI企業の代表格のアイフライテック(科大訊飛)が 10株につき5株の株式分割(無償交付)を実施することを明らかにしました。 今回の株式分割(無償交付)は、アイフライテック(科大訊飛 …

no image

アリババが2018年夏の中国本土取引所への上場計画を材料に200ドルを突破

中国の代表的なIT企業のアリババが中国本土の証券取引所で株式上場を計画していると米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたことが材料視され、2018年3月17日のアメリカ株式市場で窓を空けて上昇、2 …

no image

中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧(百度、テンセント他)

今年に入り、中国で天猫やアリペイを運営するIT企業の雄の”アリババ”が中国本土市場に上場するのではないかという見方が浮上しています。 そもそもアリババは、香港市場で上場デビューを目論んでいましたが、審 …

no image

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となった中国企業とは

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。 投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビデ …

科大訊飛(アイフライテック)の中国株投資説明会に行ってみた

中国のAI(人口知能)市場でトップ企業と評される科大訊飛(アイフライテック)の投資説明会が東洋証券主催で先日、行われましたので参加しました。 科大訊飛(アイフライテック)といってもご存じない方も多いの …