メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

バフェットが2020年に売却したと伝えられる銘柄一覧

投稿日:

世界中の投資家からその一挙一動を注目されているバフェット率いるアメリカ投資会社のバークシャーは、コロナショックによるNY市場再暴落を機に、投資対象を見直し、少なくない銘柄を売却したことが報じられました。

そのうち、最も注目されたのが、長期保有したきたゴールドマン・サックス株の8割を3月末までに売却したことです。

バフェットは、一般的には人気がない銀行株をなぜか好みますが、ゴールドマン・サックスについては、2008年のリーマンショックの時に”激安と判断”購入したとされています。

ゴールドマン・サックスについて、”リーマンショックで購入、コロナショックでお役ごめん”となったようです。

バークシャーは2019年12月末時点でゴールドマン株を3%保有する上位10株主の1社とされていますが、ドライで知られるゴールドマンにとってもさすがにダメージ大きいのではと思います。




2020年5月2日に開催されたバークシャーの株主総会では、米デルタ航空など保有する全ての航空株を売却したこともと明らかにしましたた。

株主総会で、バフェットは、”コロナによって世界が変わった”と発言したと伝えられていますので、投資対象の判断基準を根本的に見直ししたことが窺えます。

また、バフェットもすでに89歳ですので、運用に関わる影響力が低下しているのではとも推測されています。

いずれにしても、”バフェット・バークシャーがどの企業に投資したのか、あるいは売却したのかについては”世界中の投資家の耳目を集める注目事ですので、今後もその動向を注視していきたいと思います。

これまでの各種報道をまとめるとバフェット・バークシャーは、以下の銘柄を売却したようです。

■バフェットが2020年に売却した銘柄一覧
・ゴールドマン・サックス

・シリウスXM

・JPモルガン・チェース

・シンクロニー・フィナンシャル

・アメリカン航空グループ

・リバティ・グローバル

・ダヴィータ

・テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ

・ゼネラルモーターズ

・トラベラーズ

・リバティ・メディア

・フィリップス

・アクサルタ・コーティング・システム

・ベリサイン

・リバティー・ラテンアメリカ

・サンコア・エナジー

・サウスウエスト航空

・バイオジェン

・アマゾン

上記のように銀行株・航空株を中心に売却しています。
一方で、アマゾンやベリサインのような企業も売却していることも興味深いです。

アップルの名前は出てきていないことからするとアップルについては、有望と判断しているとも考えられます。

ただ、個人的には銀行株や航空株については、投資対象として魅力を感じませんので
むしろ、なぜ、投資対象にしているのだろうととらえていました。

今回、逆にバフェット・バークシャーが売らなかった株に注目することでよい投資対象をみつける参考材料になるのではないかと思います。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率首位に米国株のマイクロソフトが浮上

独立系の投資信託で最も人気の高い”ひふみ投信”は、当初は国内株だけを運用対象としていましたが、最近、その対象を外国株、特に米国株に広げています。 ”ひふみ投信”は、他の投資信託商品と同じように毎月の運 …

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

【朗報】楽天証券がアメリカ株の売買手数料を大幅値下げ@業界最安水準に

私は、10年まえからアメリカ株に投資していますが、その当時、アメリカ株について取り扱い銘柄数、注文方法が最も優れていたのが楽天証券でした。 以来、アメリカ株や米国ADR上場のインド株や中国株、ブラジル …

ひふみ投信2017年7月度の運用先企業のシェア4位にマイクロソフトが浮上

ひふみ投信は、独立系の投信会社レオス・キャピタルワークスが設定・運用して、長期間にわたり、運用成績が優れていることで個人投資家に根強い人気があります。 ひふみ投信は、月単位で、どの企業にどのくらいのウ …

ショッピファイ(shopify)株がアメリカ株のテンバーガー候補とされる理由とは?

これまで、ネットを通じた販売というとアマゾンの1人勝ちという状況が長く続いてますが、ここにきて、カナダ発のショッピファイ(shopify)という新興企業がアマゾンキラーとして俄かに注目を集めています。 …