サヤトレード(株式)日々の記録・初心者にも分かりやすく

サヤトレードの考え方やトレード方法を初心者にも分かりやすくお伝えします。

日本株に関する情報 株主優待 配当金

プロパティデータバンク(東証グロース)から100株で1600円の配当金★株主優待券はなし

投稿日:

東証グロース上場のプロパティデータバンク(東証コード4389)から1600円の配当金をゲットしました。

プロパティデータバンク(東証コード4389)といっても何をやっているのかご存じない方が大半だと思います。
倒産情報で著名な帝国データバンクと同じようなことをしているのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

簡単にご説明しますと以下の事業を展開しています。



■プロパティデータバンクは、何をやっている会社?
プロパティデータバンクは、不動産業に特化した、BtoB型の不動産テック企業です。

具体的には不動産会社や一般事業会社の不動産業務の効率化に役立つ、クラウドサービスを提供するビジネスを展開しています。

@プロパティという名でクラウドサービスを提供しており、導入した企業は全国の不動産や施設の管理から顧客に関する情報を
集約できるようになります。

また、@プロパティに蓄積されたデータをもとにしたユーザー企業の経営課題解決につなげるソリューションズサービスも提供しています。

プロパティデータバンクは、2018年に東証マザーズに上場。筆頭株主は清水建設です。
新興企業には珍しく、ファンドやオーナーではなく著名な大企業が大株主になっています。

2022年4月に社長交代しています。
髪型が印象に残りました。

■配当と株主優待券について
・配当について
2022年6月30日時点では、利回り0.82%となっています。
配当については、特に積極的とはいえないようです。

・株主優待券について
株主優待については、一般消費者には全く接点のない典型的なBtoB型企業ということもあり、株主優待はありません。
配当で株主の期待に応えようというスタンスのようです。

■まとめ
2022年6月から、インフレに強いとされる不動産業の新興企業ということでプロパティデータバンクの株価は上昇傾向にあります。
不動産業界はいわゆるデジタル化が遅れているということもあり、業績の向上がこの先も期待できるのではと思い、投資しています。

2022年6月30日時点で時価総額130億円ですので、大きく化ける可能性はあるのではと考えています。



-日本株に関する情報, 株主優待, 配当金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

インソースとリテールパートナーズに注目★14日の日経平均は下落を予想

2018年3月13日の日経平均は+144円となり4営業日続けての上昇。 森友学園を巡る文書書き換え問題が浮上、投資家が嫌う政治リスクが高くなりつつありますが、予想に反して、昨日に引き続き、日経平均は上 …

no image

チャームケア(6062)が株価2,400円突破、あの片山晃氏も保有

先月、購入したチャームケア(6062)が狙い通り?急騰して 株価が2,000円を超え、一気に2,497円まで上昇しました。 ■チャームケア(6062)とは? チャームケアは、関西を拠点に優良老人ホーム …

no image

名南M&A(名古屋セントレックス)が株価が2日連続ストップ高となった背景とは?

名南M&A(名古屋セントレックス)が株価が2日連続ストップ高となった背景について、わかりやすくお伝えします。 名古屋を地盤とするM&A専門会社の名南M&Aの株価が5月14 …

no image

日本一ソフトウェア(東証スタンダード)から100株で500円の配当金ゲット★株主優待はなし

東証スタンダード上場の日本一ソフトウェア(東証コード3851)から500円の配当金をゲットしました。 日本一ソフトウェアといっても何をやっているのかご存じない方が大半だと思います。 簡単にご説明します …

no image

東証2部・ジャスダック・マザーズの違いと特長を簡単にわかりやすく説明

東京証券取引所を構成する東証1部、東証2部、東証マザーズ、ジャスダックの各市場の違いと特長について、簡単にわかりやすく説明します。 まず、2020年5月における各市場の上場会社数は以下の通りです。 東 …