インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

投稿日:

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。

米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば、ジョンソン&ジョンソンやP&G等のアメリカの老舗的な企業を選択します。

ただ、これらの株は、いずれもすでに安くない株価となっており、”株価が〇〇年で10倍”という株式投資ならではの醍醐味を体験しにくいのも事実です。




日本の株式市場でもそうですが、”資産を何倍にもしたいならトヨタ等の大型株ではなく、時価総額が小さい企業を選べ”といわれています。

■情報を探しにくい米国株

東京株式市場に上場している企業であれば、会社四季報等を用いて、”今は名を知られてないけど大化けしそうな企業候補”を見つけ出すことは可能ですが、米国株については、情報が不足しているために、”お宝企業”を発掘するのは困難です。

私見ですが、米国の上場企業は東証コードのような4桁の番号ではなく、ティッカーとよばれる企業の略称で調べなくてはならないことが情報を探しにくくしていると思います。
東証コードなら、8000番台なら金融業かサービス業かとある程度、検討がつきますがティッカーだけみても業種さえわかりません。

それに会社四季報のようなものが存在しないことも米国株をわかりにくくしています。



■米国株の貴重な情報源の月刊ザイ(zai)

でも、私が定期的に購入しているダイヤモンド社発行の投資情報誌の 月刊ザイ(zai)は、毎号、貴重な米国株情報を提供してくれますので重宝しています。

最新の2017年12月号では、スマホ(iPhone)で儲かる米国株と題した特集をしています。

同誌によれば、アップル社の新モデルのiPhone8で採用された、ワイヤレス充電や顔認証AR等の技術は、米国企業によるものがほとんどということです。

■スマホ(iPhone)で儲かる米国株候補

中でもワイヤレス充電は、今後、爆発的に需要が増えるということで、その担い手であるブロードコム(ティッカー AVGO)が今後、有望としています。

また、顔認証の技術に定評のあるツー・シックス(ティッカー IIVI)にも注目しています。

このどちらの企業もこれまで全く知りませんでしたので、ウオッチしていきたいと思っています。

ザイでは、スマホ(iPhone)で儲かる米国株候補として、さらにマイクロン・テクノロジー、クアルコム、テラダイン、インテグレーテッド・デバイス・テクノロジーの4社を紹介しています。

ブロードコム以外は、株価は25ドルから60ドル前後と低位にあるのが魅力です。
これらの企業は、日本でいうところの素材メーカーといえるでしょう。

いわば、IT時代の裏方的存在、雑誌の特集でもなければ、知りようがない企業です。
米国株で大化け株狙いが目的のかたには魅力的な投資対象ではないでしょうか。

さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、ダイヤモンド ザイ(zai)12月号を購入されることをおすすめします。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …