メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

投稿日:

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。

米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば、ジョンソン&ジョンソンやP&G等のアメリカの老舗的な企業を選択します。

ただ、これらの株は、いずれもすでに安くない株価となっており、”株価が〇〇年で10倍”という株式投資ならではの醍醐味を体験しにくいのも事実です。




日本の株式市場でもそうですが、”資産を何倍にもしたいならトヨタ等の大型株ではなく、時価総額が小さい企業を選べ”といわれています。

■情報を探しにくい米国株

東京株式市場に上場している企業であれば、会社四季報等を用いて、”今は名を知られてないけど大化けしそうな企業候補”を見つけ出すことは可能ですが、米国株については、情報が不足しているために、”お宝企業”を発掘するのは困難です。

私見ですが、米国の上場企業は東証コードのような4桁の番号ではなく、ティッカーとよばれる企業の略称で調べなくてはならないことが情報を探しにくくしていると思います。
東証コードなら、8000番台なら金融業かサービス業かとある程度、検討がつきますがティッカーだけみても業種さえわかりません。

それに会社四季報のようなものが存在しないことも米国株をわかりにくくしています。



■米国株の貴重な情報源の月刊ザイ(zai)

でも、私が定期的に購入しているダイヤモンド社発行の投資情報誌の 月刊ザイ(zai)は、毎号、貴重な米国株情報を提供してくれますので重宝しています。

最新の2017年12月号では、スマホ(iPhone)で儲かる米国株と題した特集をしています。

同誌によれば、アップル社の新モデルのiPhone8で採用された、ワイヤレス充電や顔認証AR等の技術は、米国企業によるものがほとんどということです。

■スマホ(iPhone)で儲かる米国株候補

中でもワイヤレス充電は、今後、爆発的に需要が増えるということで、その担い手であるブロードコム(ティッカー AVGO)が今後、有望としています。

また、顔認証の技術に定評のあるツー・シックス(ティッカー IIVI)にも注目しています。

このどちらの企業もこれまで全く知りませんでしたので、ウオッチしていきたいと思っています。

ザイでは、スマホ(iPhone)で儲かる米国株候補として、さらにマイクロン・テクノロジー、クアルコム、テラダイン、インテグレーテッド・デバイス・テクノロジーの4社を紹介しています。

ブロードコム以外は、株価は25ドルから60ドル前後と低位にあるのが魅力です。
これらの企業は、日本でいうところの素材メーカーといえるでしょう。

いわば、IT時代の裏方的存在、雑誌の特集でもなければ、知りようがない企業です。
米国株で大化け株狙いが目的のかたには魅力的な投資対象ではないでしょうか。

さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、ダイヤモンド ザイ(zai)12月号を購入されることをおすすめします。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

アメリカ株IPOのスナップ(SNAP)の将来性@第二のフェイスブックかツイッターか

スマートフォン向けの写真共有アプリケーションのスナップをメインの事業とするスナップ(SNAP)は、2017年3月に大型の新規株式公開(IPO)として注目を集めました。 スナップ(SNAP)は、あのFA …