メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

世界のクラウド事業のシェア@トップは断トツでアマゾン、2番手は意外にも?MS

投稿日:

世界に星の数ほどあるIT企業にとって、クラウド事業は有望な市場です。

先週、相次いで2018年7~9月期の四半期決算を発表したアマゾンとグーグルの持ち株会社のアルファベットはどちらもクラウド事業が好調で全事業の利益を押し上げた格好です。


■クラウド事業で稼ぐアマゾン

アマゾンのクラウド事業は、全売上高の約10%ですが、クラウドだけで営業利益約11億ドルで、主力のネット通販の赤字をカバーするだけでなく、全事業の営業利益が約3億ドルと黒字となることに貢献しています。

要するにアマゾンは”配達だの包装だのと手間の割には対して儲からない?ネット通販をクラウド事業の利益で尻ぬぐい”しているのが現状です。

利益面からみるとアマゾンは、クラウド事業がメインの事業となっているともいえます。
一方、グーグルのクラウド事業は、全売上高の約10以下であるものの伸び率は前年同期比で約40%伸びたとしています。

ただ、グーグルは主な収益源は広告ですので、アマゾンとは収益構造が異なります。

クラウド事業は、法人相手のビジネスということで利益率が高く、世界的なIT企業がシェア争いを繰り広げています。

カナリスの調べによれば、世界のクラウド事業のシェアは以下の通りです。



■世界のクラウド事業のシェア上位3社

1位 アマゾン 31.8%

2位 マイクロソフト 13.9%

3位 グーグル 6.0%

この他、IBMが4位あたりにつけて、グーグルを追っているということです。
シェア上位3社を見て意外に感じることはマイクロソフトが2位につけていることです。

Windows全盛期には、世界のIT企業の主役だったマイクロソフトもここ数年アマゾン、グーグル、フェイスブックに宿敵のアップルの影に隠れた感じでしたが、クラウド事業で巻き返しをしようとしているのかもしれません。

また、日本でいえば東芝・日立のような存在のIBMもクラウド事業に注力しているようです。

投資対象としてみた場合、マイクロソフトやIBMについて”巻き返し銘柄”としてウオッチする価値はありそうです。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

ショッピファイ(shopify)株がアメリカ株のテンバーガー候補とされる理由とは?

これまで、ネットを通じた販売というとアマゾンの1人勝ちという状況が長く続いてますが、ここにきて、カナダ発のショッピファイ(shopify)という新興企業がアマゾンキラーとして俄かに注目を集めています。 …

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …