メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

インド株に関する情報

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となったインド企業とは

投稿日:

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。

投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビディアが広く知られていますが、投資対象となったインド企業についても明らかになりました。



日本経済新聞が報じたところによれば、ソフトバンク10兆円ファンドの対象となったインドの企業は、低価格ホテル向け予約サイトを運営するオヨという会社。

ソフトバンクは、これまで、インドの配車サービスやモバイル決算大手の企業にも出資しています。

ソフトバンクの孫会長は、2016年にインドを訪問、モディ首相と会談して以降、インド企業に対する投資を積極的に手がけています。

インド企業に直接投資できない現在、インド株を購入する代わりにソフトバンクを一種のインド投信と見立てて、投資するのもありかもしれません。

ソフトバンクは個人的に好きな企業ではありませんし、投資したこともありませんが、インドや中国、アメリカの成長企業に投資する成長株ファンドとして捉えれば、魅力的にみえなくもないと思います。

★過去、ヤフー、アリババで大儲けした孫会長

孫会長は、無名時代のアメリカのヤフーや中国のアリババを見出し、その成長性を確信して大規模な投資を実行。いずれも大儲けしました。

特にアリババの馬会長が文字通り、”どこの馬の骨かわからない”頃に、”この男は違う”と直感。投資に踏み切ったとされています。

もはや、何が本業なのかよくわからないソフトバンクですが、インド株関連銘柄としてウオッチしていく価値はあるのではないかと思います。



-インド株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド株投信 比較@評価の高いインド株投資信託商品と米国市場上場のインド株ETF

2017年11月4日付の日本経済新聞で、”個人マネー、インドに向かう 関連投信が1年で2倍 ”と題して、インド株に対する関心やニーズが急速に高まっていると伝えています。 同誌によれば、インド関連の投資 …

インド株の買い方★インド関連日本株に投資する方法・お勧め銘柄一覧2021年版

中国株の次はインド株ということで投資対象としてインド株への関心は高まってきています。 ただ、残念ながら、インド株への日本人を含めた外国人からの投資は、規制されていて、2021年現在、インド証券取引所上 …

スズキはインド株の代わりに購入可能か?現地子会社マルチ・スズキの実力とは?

長らくポスト中国はインドといわれていますが未だにインド株には直接、投資できない状況が続いています。 どうしてもインド株個別銘柄に投資したいという場合は、アメリカ市場に上場しているADR(預託証券)のイ …

アメリカ市場で買えるインド株ADR(米国預託証券)おススメ銘柄一覧2021年版

中国株の次はインド株ということで投資対象としてインド株への関心は高まってきています。 ただ、残念ながら、インド株への日本人を含めた外国人からの投資は、規制されていて、2021年現在、インド証券取引所上 …

インドのスズキ現地法人のマルチメディアスズキが自動車約6割減産へ

インドに早くから進出した自動車大手のスズキは、マルチメディアスズキという 現地法人名で事業活動を行っており、インドにおいて販売シェアトップを占めています。 そのマルチメディアスズキが、自動車製造に必要 …