メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となった中国企業とは

投稿日:2018年3月25日 更新日:

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。

投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビディアが広く知られていますが、投資対象となった中国企業についても明らかになりました。



日本経済新聞が2018年3月25日付けで報じたところによれば、ソフトバンク10兆円ファンドの対象となった中国企業は、平安グッドドクターと衆安在線財産保険の2社。

平安グッドドクターは、オンライン上で医師が診察するサービスを提供しており、既にユーザーは日本の総人口を超える1億9000万人。

★上場前から人気の衆安在線財産保険

衆安在線財産保険は、2017年10月に香港市場(H株)に新規上場した中国初のネット専業保険最大手。

香港市場で初のフィンテック銘柄と目されています。

保険でも傷害保険や医療保険といったヘルスケア分野に強みを持っています。

また、アリババやテンセントと連携、ネット通販で購入した商品の返品送料を補償する
等、若い世代にニーズが高い保険商品も開発・提供しています。

上場時に新規株式公開(IPO)への応募倍率が約400倍と過去最高となったことで話題になりました。

★平安グッドドクター

平安グッドドクターは、中国の大手保険会社平安保険の傘下企業。

急速に高齢化社会を迎える中国だけに、オンライン医療サービスの事業としての成長性は高いといえそうです。

★過去、ヤフー、アリババで大儲けした孫会長

孫会長は、無名時代のアメリカのヤフーや中国のアリババを見出し、その成長性を確信して大規模な投資を実行。いずれも大儲けしました。

こうした実績から、”バフェット銘柄”と同じように”孫銘柄”に注目する人は多いです。
孫銘柄をパクれば、大儲けできるほど株式市場は甘くないと思いますが、その動向をウオッチしていく価値はあるのではないかと思います。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済 …

no image

テンセントは、中国政府公認?IT企業・今後の株価の見通し

10年ほど前は、”中国株でテンセントを購入した”というと”何それ?”と怪訝そうな顔をされたものです。 その後、テンセントは、今や、グーグル、フェイスブック等と肩を並べる世界的なIT企業になりました。 …

no image

テンセント/騰訊控股@好決算で株価高値更新,年初の2倍以上の400香港ドル台に

中国株の代表格的な存在のIT大手のテンセント/騰訊控股 (香港取引所コード00700) が11月15日に公表した決算が市場の予想を上回る内容だったため、16日から株価が上昇、今月中は300香港ドルで足 …

no image

アイフライテック(科大訊飛)2018年4月以降に 10株につき5株の株式分割を実施予定

中国政府肝いりの国策AI企業の代表格のアイフライテック(科大訊飛)が 10株につき5株の株式分割(無償交付)を実施することを明らかにしました。 今回の株式分割(無償交付)は、アイフライテック(科大訊飛 …

no image

中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧(百度、テンセント他)

今年に入り、中国で天猫やアリペイを運営するIT企業の雄の”アリババ”が中国本土市場に上場するのではないかという見方が浮上しています。 そもそもアリババは、香港市場で上場デビューを目論んでいましたが、審 …