メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

インド株に関する情報

スズキはインド株の代わりに購入可能か?現地子会社マルチ・スズキの実力とは?

投稿日:

長らくポスト中国はインドといわれていますが未だにインド株には直接、投資できない状況が続いています。

どうしてもインド株個別銘柄に投資したいという場合は、アメリカ市場に上場しているADR(預託証券)のインド銘柄を購入するしか手段はありません。

ただ、現状ではADRで購入可能なインドの株は、銀行やソフト開発メーカー等、名前も馴染みがなく、今一つピンとこない銘柄しかありません。

投資信託という手段もありますが、新興国特有の株価の上下動や通貨リスクも高く、投資しにくいのが現状です。




そんなインド株志向の投資家に別の手段として検討されているのが、日本の代表的な自動車メーカーのスズキ株をインド株に見立てて購入することです。

広く知られているようにスズキは、インドの自動車市場において圧倒的なシェアを占めています。具体的には以下の通りです。

■インドの主要メーカーの新車販売台数 2019年12月(輸出台数を除く)

マルチ・スズキ 124,375
タタ 44,254
マヒンドラ 30,870
現代 37,953 42,093
トヨタ 6,544 11,836

スズキは、インドでは現地法人のマルチ・スズキとして、事業展開していますが、インド企業であるタタやマヒンドラを抑え、圧倒的なシェアを誇っています。

また、インドの車市場の大きさは2018年で日本に次いで4位となっています。

■自動車世界市場の2018年の国別シェア

中国 29.5%

アメリカ 18.6%

日本  5.5%

インド 4.6%

ドイツ 4.0%

インドの人口の大きさや若年層の多さ、それにのびしろのある経済状況を考えると
インドが自動車世界市場で近いうちにトップレベルになることは確実視されています。




車のような製品市場では、一度高シェアを占めると、簡単には落ちないとされていますので、現段階で圧倒的なシァエを築いているマルチ・スズキは、5年、10年単位で見た場合、有望ではないかと思います。

マルチ・スズキは、インド株式市場に上場していますが、インドは現在も外国人投資家によるインド企業への直接投資に制限を設けていますので、投資信託を通じてか、マルチ・スズキの株式の過半数を握るススキに投資するしか術はありません。

インドの車市場は、2018年後半くらいから、ノンバンクの信用不安による金融機関の貸し渋りや、自動車保険の加入義務付け期間延長で低迷していました。

そこへ、さらに2020年に入り、新型コロナウイルスの感染拡大が追い討ちをかけた状況でインドにおける2020年3月の新車販売台数が前年同月に比べ61%減少とリーマンショック直後以来の低水準となっています。

東証に上場しているスズキの株価もインドでの販売不振を背景に2018年8月に7680円の高値をつけて以降、下落に転じていて、5月15日時点で3506円と半値以下の水準となっています。

ただ、インドの車市場は今が最悪とされていますので、今を底と考えれば、長期保有志向であればスズキ株の購入も面白いのではないかと考えています。




-インド株に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ市場で買えるインド株ADR(米国預託証券)おススメ銘柄一覧2021年版

中国株の次はインド株ということで投資対象としてインド株への関心は高まってきています。 ただ、残念ながら、インド株への日本人を含めた外国人からの投資は、規制されていて、2021年現在、インド証券取引所上 …

インドのスズキ現地法人のマルチメディアスズキが自動車約6割減産へ

インドに早くから進出した自動車大手のスズキは、マルチメディアスズキという 現地法人名で事業活動を行っており、インドにおいて販売シェアトップを占めています。 そのマルチメディアスズキが、自動車製造に必要 …

ソフトバンク10兆円ファンドで投資対象となったインド企業とは

ソフトバンクの孫正義会長は、2017年5月にサウジアラビア政府やアップル等といわゆる10兆円ファンドを立ち上げました。 投資対象としては、アメリカでAIやEV関連の次世代のスター企業と目されるエヌビデ …

バフェット氏が投資したインドの決済サービス最大手ワン97コミュニケーションズとは

先日、日本経済新聞でアメリカの賢人投資家のバフェット氏がインドのモバイル決済サービス最大手「Pay(ペイ)tm」を展開するワン97コミュニケーションズが、バフェット氏の率いる投資会社バークシャー・ハザ …

インド株投信 比較@評価の高いインド株投資信託商品と米国市場上場のインド株ETF

2017年11月4日付の日本経済新聞で、”個人マネー、インドに向かう 関連投信が1年で2倍 ”と題して、インド株に対する関心やニーズが急速に高まっていると伝えています。 同誌によれば、インド関連の投資 …