メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

農林中金厳選投資おおぶね(2020年4月現在)の投資対象のアメリカ株をウオッチ

投稿日:

アメリカ株を対象に”売りたくなるような企業には投資しない”というスタンスで、企業を厳選し、運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用レポートが送られてきました。



農林中金厳選投資おおぶね 組入上位10銘柄(2020年4月現在)

業種別組入比率
※ 比率は外国株式現物対比です。

1 THE WALT DISNEY CO. コミュニケーション・サービス 7.8

2 COLGATE-PALMOLIVE CO 生活必需品 7.0

3 VISA INC-CLASS A SHARES 情報技術 6.3

4 TEXAS INSTRUMENTS INC 情報技術 6.3

5 BECTON DICKINSON & CO ヘルスケア 6.1

6 3M CO 資本財・サービス 6.1

7 SHERWIN-WILLIAMS CO/THE 素材 4.7

8 NIKE INC -CL B 一般消費財・サービス 4.2

9 MCCORMICK & COMPANY 生活必需品 4.1

1 0 ECOLAB INC 素材 4.1
組入銘柄総数: 26銘柄

”売りたくなるような企業には投資しない”というだけに、組入上位10銘柄には、ほとんど変化がありません。

いくら、一度投資したら売らないといえども、コロナショックのような緊急時には、さすがに投資対象を変えてくるのではと思い、4月の運用レポートに注目していました。

でも、期待に反して、ウオルトディズニーが1位は不動でした。

投資したときに、ディズニーランドが閉園を余儀なくされるとは夢想だにしなかったと思いますが、それでも組入銘柄1位ということは、それだけディズニーの投資対象としての評価が高いということでしょう。

ただ、中には、3Mのように業績面から、投資対象として疑問を感じる銘柄もあります。

私自身もアメリカ個別株を投資対象にしていますが、ダブっているのはビザのみ。

その一方で、 アメリカ株投資信託の組み入れ目柄の定番、アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトのうち1社も上位10位内にないことにこの”おおぶね”の拘りが窺えます。

逆にだからこそ、投資する価値があると思います。




ところで、おおぶねの運用レポートで最も読み応えがあり、勉強になるのは投資対象についての分析レポートです。

今月は、2020年1月から投資対象とした、日本でも人気の会員制スーパーのコストコをとりあげています。

詳細は、報告書に譲りますが、コストコを投資対象としてみたときの①産業付加価値、②競争優位性、③長期的潮流、の3つの視点から分析しており、なぜ投資対象としたのかよく理解できる内容となっています。

それにしても、実際に投資対象とするまで、2017年1月から3年もかけて、本社や日本法人でヒヤリングするというプロセスに投資のプロとしての熱量を感じました。

冗談抜きで、このレポートを読むことだけを目的にしても投資する価値が”おおぶね”にはあると思います。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …