インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

エヌビディア(ティッカーNVDA)の将来性について、株価が1年で3倍、今後は

投稿日:2017年8月23日 更新日:

ソフトバンクの総帥、孫正義氏が10兆円ファンドを通じて出資したことで日本で知られるようになったエヌビディア(ティッカーNVDA)。
孫氏は資本金の約5%に相当する約4000億円を出資しています。

孫正義氏といえば、無名時代のヤフーに大規模に出資、大儲けをしていますのでその目利きには定評があります。

なんでもエヌビディアの創業者社長のジェンスン・ファン氏がプレゼンで訪日した時に面会、意気投合したのが出資のきっかけだということです。

エヌビディアが持つ、ディープラーニングの技術が自動運転に活用できると見込まれたことでトヨタ、米テスラ、フォードモーター等の名だたる車のメーカーのビジネスに組み込まれています。

現在、エヌビディアは、AIを用いて、完全自動運転を実現できる技術の開発に取り組んでいます。



■エヌビディアの将来性について

エヌビディアの将来性は、自動運転という未知の巨大市場の中核となるパーツに不可欠となる技術を保持していることをどのように利益に結びつけていくかにかかっています。

アップルのアイフォンのパーツの大部分が日本企業製造の製品であることは知られていますが、一番経済的利益を得たのはアップルです。

ですので、エヌビディアもトヨタや米テスラ、フォードモーターにビジネスの美味しいところはとられてしまう可能性はあると思います。

エヌビディアがビッグビジネスになれるかどうかは、自らが主役となるビジネスを創出できるかどうかにかかっているのではないかと思います。

ちなみに私は、将来性あると判断して長期保有を目的に購入しました。

エヌビディアの株価は、期待先行気味でこの1年間で3倍となっています。
さすがに最近は株価の勢いが落ちています。

今後の株価は、エヌビディアが市場の期待通りの業績をあげられるかどうかにかかっています。

すでにPER的には割高になっていますので、特に短期投資には向かないと思います。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

アメリカ株で高配当として魅力のある株ベスト3

アメリカ株に興味を持つ人は若い世代を中心に増えています。 でも、実際にアメリカ株を購入しようとする時に配当を重視して銘柄を選択する人とアップルやフェイスブック等、自分がユーザーとなっている企業から選択 …

エヌビディアが連日の高値更新で株価200ドル突破@楽天証券内売買高で3位ランクイン

米半導体大手で、電気自動車関連株として有望視されているエヌビディア(ティッカーNVDA)が11月に入り、株価の上昇が加速し、初めて200ドルを突破しました。 11月3日の寄り付きでは、207.2ドルを …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …