メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

エヌビディア(ティッカーNVDA)の将来性について、株価が1年で3倍、今後は

投稿日:2017年8月23日 更新日:

ソフトバンクの総帥、孫正義氏が10兆円ファンドを通じて出資したことで日本で知られるようになったエヌビディア(ティッカーNVDA)。
孫氏は資本金の約5%に相当する約4000億円を出資しています。

孫正義氏といえば、無名時代のヤフーに大規模に出資、大儲けをしていますのでその目利きには定評があります。

なんでもエヌビディアの創業者社長のジェンスン・ファン氏がプレゼンで訪日した時に面会、意気投合したのが出資のきっかけだということです。

エヌビディアが持つ、ディープラーニングの技術が自動運転に活用できると見込まれたことでトヨタ、米テスラ、フォードモーター等の名だたる車のメーカーのビジネスに組み込まれています。

現在、エヌビディアは、AIを用いて、完全自動運転を実現できる技術の開発に取り組んでいます。



■エヌビディアの将来性について

エヌビディアの将来性は、自動運転という未知の巨大市場の中核となるパーツに不可欠となる技術を保持していることをどのように利益に結びつけていくかにかかっています。

アップルのアイフォンのパーツの大部分が日本企業製造の製品であることは知られていますが、一番経済的利益を得たのはアップルです。

ですので、エヌビディアもトヨタや米テスラ、フォードモーターにビジネスの美味しいところはとられてしまう可能性はあると思います。

エヌビディアがビッグビジネスになれるかどうかは、自らが主役となるビジネスを創出できるかどうかにかかっているのではないかと思います。

ちなみに私は、将来性あると判断して長期保有を目的に購入しました。

エヌビディアの株価は、期待先行気味でこの1年間で3倍となっています。
さすがに最近は株価の勢いが落ちています。

今後の株価は、エヌビディアが市場の期待通りの業績をあげられるかどうかにかかっています。

すでにPER的には割高になっていますので、特に短期投資には向かないと思います。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

米国株、これから買うとしたらグーグルかアマゾンか?

米国株を購入したいと思う人の多くは、自分に馴染みのある企業への投資を考えるケースが多いです。 米国株の特長としては、日本だとジャスダック市場に相当するナスダック市場のほうに現在のアメリカの先端IT企業 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …