メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

投稿日:

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。

サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。

ただ、そもそも国有の企業でしたので、他の民間企業と同じ物差しで比較できるのかという見方もあります。




それにしても、20位以内に日本企業が1社もランクインしていないのは、アベノミクスといったところで、世界を又にかけて儲けられる企業が不在ということを示しています。

経済規模が小さいスイスから2社ランクインしていることが目立ちます。

トヨタが約20兆円ですがベスト20には及びません。
日本国内2番手のソフトバンクグループでも10兆円に届かない状況。

そのトヨタにしても韓国や台湾のトップには負けていることが日本経済の長期低迷を象徴していると思います。

中国企業では、ライバルとされるアリババとテンセントが競り合いとなっています。
一時期、アリババが大きく引き離していましたが、2020年に入り、テンセントが追い上げてきています。

世界株価時価総額ランキングベスト20

1.サウジアラムコ(サウジアラビア) 166兆円

2. マイクロソフト(アメリカ)136兆円

3. アップル(アメリカ)133兆円

4.アマゾンドットコム(アメリカ)118兆円

5.アルファベット(アメリカ)92兆円

6.フェイスブック(アメリカ)58兆円

7.アリババ(中国)54兆円

8.テンセント(中国)52兆円

9.バークシャー・ハザウェイ(アメリカ)41兆円

10.ジョンソン&ジョンソン(アメリカ)38兆円

11.ビザ(アメリカ)37兆円

12.ウォルマート(アメリカ)35兆円

13.ネスレ(スイス)32兆円

14.ロシュ(スイス)31兆円

15.P&G(アメリカ)28兆円

16.マスターカード(アメリカ)27兆円

17.サムスン電子(韓国)26兆円

18.ユナイテッドヘルスグループ(アメリカ)26兆円

19.TSMC(台湾)25兆円

20.JPモルガン・チェース(アメリカ)25兆円



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …

モーニングスターが米国株セミナーを2018年4月21日東京ミッドタウンで開催

投資情報サービスのモーニングスターが”2018年米国株のはじめ方 米国株式・ETFセミナー 成長企業の魅力がわかる!これからはじめる米国株”と題して米国株セミナーを2018年4月21日に東京ミッドタウ …

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …

アメリカ株IPOのスナップ(SNAP)の将来性@第二のフェイスブックかツイッターか

スマートフォン向けの写真共有アプリケーションのスナップをメインの事業とするスナップ(SNAP)は、2017年3月に大型の新規株式公開(IPO)として注目を集めました。 スナップ(SNAP)は、あのFA …