メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

投稿日:

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。

サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。

ただ、そもそも国有の企業でしたので、他の民間企業と同じ物差しで比較できるのかという見方もあります。




それにしても、20位以内に日本企業が1社もランクインしていないのは、アベノミクスといったところで、世界を又にかけて儲けられる企業が不在ということを示しています。

経済規模が小さいスイスから2社ランクインしていることが目立ちます。

トヨタが約20兆円ですがベスト20には及びません。
日本国内2番手のソフトバンクグループでも10兆円に届かない状況。

そのトヨタにしても韓国や台湾のトップには負けていることが日本経済の長期低迷を象徴していると思います。

中国企業では、ライバルとされるアリババとテンセントが競り合いとなっています。
一時期、アリババが大きく引き離していましたが、2020年に入り、テンセントが追い上げてきています。

世界株価時価総額ランキングベスト20

1.サウジアラムコ(サウジアラビア) 166兆円

2. マイクロソフト(アメリカ)136兆円

3. アップル(アメリカ)133兆円

4.アマゾンドットコム(アメリカ)118兆円

5.アルファベット(アメリカ)92兆円

6.フェイスブック(アメリカ)58兆円

7.アリババ(中国)54兆円

8.テンセント(中国)52兆円

9.バークシャー・ハザウェイ(アメリカ)41兆円

10.ジョンソン&ジョンソン(アメリカ)38兆円

11.ビザ(アメリカ)37兆円

12.ウォルマート(アメリカ)35兆円

13.ネスレ(スイス)32兆円

14.ロシュ(スイス)31兆円

15.P&G(アメリカ)28兆円

16.マスターカード(アメリカ)27兆円

17.サムスン電子(韓国)26兆円

18.ユナイテッドヘルスグループ(アメリカ)26兆円

19.TSMC(台湾)25兆円

20.JPモルガン・チェース(アメリカ)25兆円



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年8月末現在のアメリカ株保有状況★グーグルを売却してビザを購入

アメリカ株を投資対象とする人は増えていますが、投資理由として配当志向と成長志向に大きく2分されているようです。 ■配当志向と成長志向 配当志向だと、賢人投資家バフェットが好むコカコーラやジョンソン&ジ …

楽天証券ユーザーが投資の神様バフェットが見捨てたデルタ航空を救う?

私がアメリカ株を初めて投資したのは、もう10年以上前、楽天証券を通じてグーグル株を購入しました。 今でこそ、どの証券会社でもアメリカ株を取り扱うようになっていますが、当時は楽天を含め数社でしか取引がで …

楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10★アマゾン、エヌビディアが人気

アメリカ株に関する情報は、日本株に比べてどうしても少ないので、ときどき参考にしているのが利用している楽天証券の投資情報です。 中でも楽天証券内で売買が多いアメリカ株ベスト10は、”他の人が今、どんな銘 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …