サヤトレード(株式)日々の記録・初心者にも分かりやすく

サヤトレードの考え方やトレード方法を初心者にも分かりやすくお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アメリカ株で高配当として魅力のある株ベスト3

投稿日:2017年11月26日 更新日:

アメリカ株に興味を持つ人は若い世代を中心に増えています。

でも、実際にアメリカ株を購入しようとする時に配当を重視して銘柄を選択する人とアップルやフェイスブック等、自分がユーザーとなっている企業から選択する人にはっきりとわかれます。

私は、後者ですが、もう少し資産が増えてきたら、高配当株にも投資したいと考えています。




日本株でも配当を目的とした投資をする人が少なくありませんが、アメリカ株の魅力の一つは、世界的な大企業に高配当をする企業が多いことです。

かの有名な世界的な投資家のウォーレン・バフェット氏も高配当株を好んで選択しています。

アメリカ株のすごいところは、P&Gの63年連続増配、3Mの連続増配58年。コカ・コーラの54年連続増配といった半世紀を超えて増配を続けている企業が存在することです。

ほぼ全世界の企業が多大なダメージを受けたあのリーマンショックの時にでさえ増配しているのですから、いかにこれらの企業が優良かがわかります。

もしかしたら、倒産のリスクがゼロではない銀行に預金するより、はるかに安全かもしれません。

日本で最も長く増配を続けているのは花王で27年ですので、いかにアメリカ企業がすごいかわかります。

25年連続増配企業だと数えきれないくらいあります。

こうした数多いアメリカの企業で高配当という観点から投資に魅力がある企業ベスト3を個人的な主観を交え、以下のように選定しました。

個人的には株価の水準が低い、コカ・コーラが特に良いと思っています。

■アメリカ株で高配当として魅力のある株ベスト3

・コカ・コーラ 
株価45.88ドル(2017年11月24日)配当利回り3.11%

・P&G(プロクター&ギャンブル)
株価88.45ドル(2017年11月24日) 配当利回り3.12%

・3M  
株価231.38ドル(2017年11月24日)配当利回り2.03%

この3企業の特徴は世界的なブランド力をもっていることと、景気にあまり左右されない
ビジネスをメインとしていることです。

だからこそ、何十年もの間、増配し続けることができるのです。

成長率では、アップル、アマゾン、グーグルやフェイスブックに劣りますが
安定性では、この3社のほうが優れているといえそうです。

コカ・コーラ、P&G(プロクター&ギャンブル)、3Mの3社は配当重視派の方はもちろん、資産株として長期保有するのに適した銘柄といえそうです。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エヌビディアが連日の高値更新で株価200ドル突破@楽天証券内売買高で3位ランクイン

米半導体大手で、電気自動車関連株として有望視されているエヌビディア(ティッカーNVDA)が11月に入り、株価の上昇が加速し、初めて200ドルを突破しました。 11月3日の寄り付きでは、207.2ドルを …

no image

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。 ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、 …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

バフェットが2020年に売却したと伝えられる銘柄一覧

世界中の投資家からその一挙一動を注目されているバフェット率いるアメリカ投資会社のバークシャーは、コロナショックによるNY市場再暴落を機に、投資対象を見直し、少なくない銘柄を売却したことが報じられました …