メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

投稿日:

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。

これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。

ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP)の投資判断について「バイ」から「ホールド」に引き下げ、目標株価も20ドルから17ドルに下げました。

米スナップ(SNAP)は、2017年3月に大型IPOとしてナスダック市場に上場しましたが、これまで株価の低迷が続いていて、”第二のツイッター”になるのではないかという見方がでています。



■ドイツ銀行が投資判断を下げた理由

①米スナップ(SNAP)の新サービスがアクティブユーザー数を引き上げるには時間がかかると

②スナップの類似サービスを展開するフェイスブックの影響で、広告主の間でスナップへの広告掲載の関心が低下している

等をあげています。

米スナップ(SNAP)の株価は2017年3月の株式新規公開(IPO)価格から約10%下落しています。

米スナップ(SNAP)は、これまで赤字決算続きのうえ、フェイスブックが提供するインスタグラムの伸長により、ビジネスの将来性について疑問符がつけられています。

実際、日本でもインスタグラムのユーザーは女性を中心に増えていますが、身近で「スナップチャット」を利用している人にお目にかかったことがありません。

米スナップ(SNAP)は、フェイスブックからの買収提案を拒否したことで、類似サービスを仕掛けられている側面もありますので、私自身も投資について見送りしています。

当面は様子見した方が良いのではないかと思います。

ただ、ネット企業は何かのきっかけで大化けすることがよくありますのでウオッチはしていくつもりです。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。 ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、 …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

ひふみ投信の2017年10月運用組み入れ率首位に米国株のマイクロソフトが浮上

独立系の投資信託で最も人気の高い”ひふみ投信”は、当初は国内株だけを運用対象としていましたが、最近、その対象を外国株、特に米国株に広げています。 ”ひふみ投信”は、他の投資信託商品と同じように毎月の運 …

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …