メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アマゾンキラーのショッピファイがフェイスブックと提携発表で株価高騰

投稿日:

アマゾンキラーとして知られるカナダ発の電子商取引プラットフォーム企業のショッピファイがフェイスブックと提携することが明らかになりました。

フェイスブックは、2020年5月19日に複数のプラットフォームを通じて企業が商品を販売できる通信販売サービス「フェイスブックショップス」を導入すると発表しました。

ショップスでは、企業は「フェイスブック」やインスタグラムを通じてアクセスできる単一のオンラインストアを開設することが可能になるということです。

フェイスブックは、消費者の利用拡大や広告収入の増加を見込んで、ショップスを無料で提供する意向。




今回の発表の中で、マーク・ザッカーバーグCEOは、カナダのショッピファイSHOP.NSHOP.TOなど8つの電子商取引プラットフォームと連携を深める方針も示しました。

ショッピファイは、カナダ人の創業者がネット上にスノーボードショップを立ち上げたときに、サイトの設計や決済機能等を設置することに苦労した経験を元に創業。

個人事業主や中小企業が簡単に自前のECショップを立ち上げることが可能なプラットフォームをクラウド方式で提供するビジネスを展開しています。

世界中の小売業がアマゾン以外の販売ルートを簡単に構築できるということで、アマゾンキラーと称されています。

日本にも進出しており、楽天との提携も発表しています。

ショッピファイの株価は、コロナショック以降、ほぼ一本調子であげていましたが、フェイスブックが「フェイスブックショップス」を導入するとの発表を受け、一時急落しましたが、ショッピファイとの提携が伝わると、上昇に転じました。

カナダ発のネット企業は珍しいですが、2020年に入り、急速に存在感を高めています。
今後、アマゾンのような飛躍的な発展を遂げるか要注目です。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【朗報】楽天証券がアメリカ株の売買手数料を大幅値下げ@業界最安水準に

私は、10年まえからアメリカ株に投資していますが、その当時、アメリカ株について取り扱い銘柄数、注文方法が最も優れていたのが楽天証券でした。 以来、アメリカ株や米国ADR上場のインド株や中国株、ブラジル …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …

アメリカ株大型IPOのスナップに騰訊控股(テンセント)が出資で株価浮上

日本と同じようにアメリカ株式市場でもIPO株(新規公開株)はありますが、2017年3月に大型上場案件として話題になったのが スナップ(SNAP)です。 スナップ(SNAP)は、写真・動画共有アプリを運 …