インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

アマゾンキラーのショッピファイがフェイスブックと提携発表で株価高騰

投稿日:

アマゾンキラーとして知られるカナダ発の電子商取引プラットフォーム企業のショッピファイがフェイスブックと提携することが明らかになりました。

フェイスブックは、2020年5月19日に複数のプラットフォームを通じて企業が商品を販売できる通信販売サービス「フェイスブックショップス」を導入すると発表しました。

ショップスでは、企業は「フェイスブック」やインスタグラムを通じてアクセスできる単一のオンラインストアを開設することが可能になるということです。

フェイスブックは、消費者の利用拡大や広告収入の増加を見込んで、ショップスを無料で提供する意向。




今回の発表の中で、マーク・ザッカーバーグCEOは、カナダのショッピファイSHOP.NSHOP.TOなど8つの電子商取引プラットフォームと連携を深める方針も示しました。

ショッピファイは、カナダ人の創業者がネット上にスノーボードショップを立ち上げたときに、サイトの設計や決済機能等を設置することに苦労した経験を元に創業。

個人事業主や中小企業が簡単に自前のECショップを立ち上げることが可能なプラットフォームをクラウド方式で提供するビジネスを展開しています。

世界中の小売業がアマゾン以外の販売ルートを簡単に構築できるということで、アマゾンキラーと称されています。

日本にも進出しており、楽天との提携も発表しています。

ショッピファイの株価は、コロナショック以降、ほぼ一本調子であげていましたが、フェイスブックが「フェイスブックショップス」を導入するとの発表を受け、一時急落しましたが、ショッピファイとの提携が伝わると、上昇に転じました。

カナダ発のネット企業は珍しいですが、2020年に入り、急速に存在感を高めています。
今後、アマゾンのような飛躍的な発展を遂げるか要注目です。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …