メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

投資関係本の書評・感想

専業主夫けいくんのほったらかし投資で1億円稼ぐ株ドリルの感想・評価

投稿日:

宝島社からGW明けに出版・販売された”専業主夫けいくんのほったらかし投資で1億円稼ぐ株ドリル”読んでみました。本書の特長や感想・評価をまとめてみました。



■どんな本なのか?

株の本には投資対象の業績や資産等に着目して投資するファンダメンタル派ともっぱら、企業の日々の株価動向に着目してトレードするチャート派に分類されますが、本書は、後者に類する本です。

著者のけいくんは、20歳代にして、時価総額や売買高がの一定以上の大きさの企業を対象に株価の動向やチャートの形等を日々監視し、”儲けられる確率が高い”と判断したときにトレードするというスタイルを確立。

現在は、副業アカデミーで株式投資の講師を務めています。

著者は、ほぼ、コンスタントに年収1億円前後を稼ぎ出していますが、本書は、そのノウハウ、具体的にはチャートの見方、トレードする判断基準、トレードに適した銘柄等をわかりやすく紹介しています。

けいくんは、これまでに4冊の類書を出版していますが、本書は、これまでの著書よりもチャートを多用、また要所要所に知識を定着させるためのドリルを設定しているのが特長となっています。

また、末尾に付録として株スキル上昇メモノートがついており、本書で学んだことをもとに実際にトレードするのに役立てることができます。

全体的に株初心者というより、ある程度、株のことがわかる人にちょうどよいと思われるレベルの内容となっています。




★目次
第1章 けいくん式 株の奥義 できるだけなにもせず利回り8%を稼ぐ方法

第2章 1億円の道はローソク足から 一生稼げるけいくん式 株のルールブック

第3章 ドリルで覚える1億円の「目印」 「株価」を利用して稼ぎまくるためのドリル
第4章 複数のシグナル点灯で最強 移動平均線&新値更新5日&周期で稼ぐ!

第5章 応用ドリルで目指せ1億円

■感想・評価

・本書は、著者のけいくんが、実際に儲けているトレード方法をわかりやすく解説されていますので、汎用性の高い内容となっています。

・本書で紹介されているトレード手法は、株を購入したら数日間保持するスウィングトレードです。ですので、職人芸的な?瞬発力が必要とされるディトレと異なり、一定の理解が条件になりますが再現性の高いノウハウのハウツーを紹介してることが本書のすぐれた特長だと思います。

・本書は全体を通じて、具体的な事例に基づいて、わかりやすい説明がなされていますので、明日からでも実践できるような内容となっていますので株式投資について、トレードで利益をあげていきたいと考えられている方に特におススメします。



-投資関係本の書評・感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IPO投資の基本と儲け方ズバリ!2017改訂版(西堀 敬著)の書評・感想

米国株や中国株をメインにしていますので、日本株における最高のドル箱?といわれるIPOについては、”抽選にはほとんど当たらない”と耳にしたこともあり、これまで、さほど興味がありませんでした。 でも、最近 …

no image

株「常勝」トレーダー100の教え(二階堂重人著)を読んでみた

株式トレード専業で18年に渡り勝ち続けている二階堂重人氏。 二階堂氏は、これまで20冊近い株式投資関連のノウハウ本を世に送りだしています。 株「常勝」トレーダー100の教えは、2018年2月発行の最新 …

オーバーナイト投資術(二階堂重人著)★読んでみた感想・評価

オーバーナイト投資術~一晩寝かせてしっかり儲ける~は、これまで50冊に及ぶ株やFXのトレードに関する著書を世に問うた二階堂重人氏の2018年9月に発売された最新作です。 ■どんな本か?その内容・肝とは …

no image

さらば10倍株、短期で狙う2倍株(朝香友博著)★書評・感想・評価

さらば10倍株、短期で狙う2倍株~景気減速局面での大化株の見つけ方。狙い方~は、これまで”10倍株で勝つ”、”いま仕込んでおくべき10倍株教えます”等の”10倍株(テンバーガー)本”著書を世に問うてき …

no image

資産を増やす米国株投資入門(マネックス証券岡元平八郎)を読んでみた書評・感想

資産を増やす米国株投資入門(マネックス証券岡元平八郎)を購入、読了しました。 書評・感想をわかりやすく、まとめてみました。 ■どんな本なのか?その内容についてわかりやすく解説 本書はマネックス証券のチ …