メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

投資関係本の書評・感想

資産を増やす米国株投資入門(マネックス証券岡元平八郎)を読んでみた書評・感想

投稿日:2020年12月31日 更新日:

資産を増やす米国株投資入門(マネックス証券岡元平八郎)を購入、読了しました。
書評・感想をわかりやすく、まとめてみました。




■どんな本なのか?その内容についてわかりやすく解説
本書はマネックス証券のチーフ外国株コンサルタントの”Hutch = ハッチ”こと岡元平八郎氏による米国株投資に関するノウハウ本です。

主テーマは、投資ですのでチャートをメインとしたトレード方法等については、ふれられていません。

最近、米国株に関する本の出版が相次いでいますが、その大半は人気ブロガーである投資家です。

岡元氏は、米国株の取扱数業界一のマネックス証券の担当者だけに、投資家視点とは一味違ったスタンスの内容となっています。

■米国株の配当株志向・成長株志向について
人気ブロガーによる米国株に関する本は、各自の投資スタイル、具体的には高配当派、成長株派によって解説されていることが通り相場となっています。

本書は、米国株をビジネスとしている証券会社の視点から、書かれていますので、配当重視、成長株志向のどちらにも配慮された内容となっていることが特長です。

配当重視派の方には、”3銘柄で毎月配当ポートフォリオを作ってみる”が特に参考になるのではないかと思います。

■初心者にも上級者にも配慮
米国株投資入門というタイトルだけに、”なぜ米国株をお勧めするのか”について、ページ数をかなり費やしています。

ですので、米国株に興味はあるけど一歩踏み出せないという米国株初心者にも無理なく理解できるような章立てとなっています。




■読み応えがある”風変わりなETFや米国株21選”
また、米国個別株式以外の投資方法であるETFについて、人気のインデックス型だけでなく、テーマ型の著者曰く風変わりなETF等まで紹介しています。

中上級者には、”これから10年先まで持ち続けられる米国株21選”が読み応えがあるでしょう。

他の類書では、目にしたことのない”アフリカのアマゾン”等の銘柄となぜ推奨するかについて1銘柄につき2ページにわたり、著者の30年80か国にわたる米国株等外国株ビジネスの視点から、わかりやすく解説しています。

21銘柄の構成は成長株だけではなく、高配当株も選ばれており、成長株だけ、高配当株だけ推奨になりがちな類書に比べてバランスがとれています。

また、長期投資に適したポートフォリオの作り方という章では、リスク管理の仕方について具体的な事例を紹介していますので、本書をよめば、米国株投資に必要な知識やノウハウは、ほぼ身に着けられます。

全体を通じて、マネックス証券色を出していないことにも好感が持てます。

最近、大きな書店にいくと米国株ノウハウ本コーナーがあるほど、類書が多くなっていますが、初めて米国株本を購入するなら本書をお勧めします。




https://amzn.to/2L661wk

-投資関係本の書評・感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

専業主夫けいくんのほったらかし投資で1億円稼ぐ株ドリルの感想・評価

宝島社からGW明けに出版・販売された”専業主夫けいくんのほったらかし投資で1億円稼ぐ株ドリル”読んでみました。本書の特長や感想・評価をまとめてみました。 ■どんな本なのか? 株の本には投資対象の業績や …

オーバーナイト投資術(二階堂重人著)★読んでみた感想・評価

オーバーナイト投資術~一晩寝かせてしっかり儲ける~は、これまで50冊に及ぶ株やFXのトレードに関する著書を世に問うた二階堂重人氏の2018年9月に発売された最新作です。 ■どんな本か?その内容・肝とは …

no image

IPO投資の基本と儲け方ズバリ!2017改訂版(西堀 敬著)の書評・感想

米国株や中国株をメインにしていますので、日本株における最高のドル箱?といわれるIPOについては、”抽選にはほとんど当たらない”と耳にしたこともあり、これまで、さほど興味がありませんでした。 でも、最近 …

no image

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術(清水洋介著)の書評・感想

”「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術”は、元大手証券会社社員で、ご自身でトレードで実績を上げている清水氏が実際に日々のトレードで実践している酒田法といわれる手法について、事例を …

no image

さらば10倍株、短期で狙う2倍株(朝香友博著)★書評・感想・評価

さらば10倍株、短期で狙う2倍株~景気減速局面での大化株の見つけ方。狙い方~は、これまで”10倍株で勝つ”、”いま仕込んでおくべき10倍株教えます”等の”10倍株(テンバーガー)本”著書を世に問うてき …