メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

投稿日:

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。

ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、その後7月に239.7ドルを高値をつけたあと、急落。

急落の背景としては、ビヨンド・ミートの成功を目の当たりにした食品メーカーの人口肉市場への相次ぐ参入によって、競争の激化が危惧されたからです。




2019年10月に100ドルを下回ったビヨンドミート(BYND)株価は、以降90ドル台と100ドル前後をいったりきたりのこうちゃく状態となっていました。

2020年に入り、コロナショックで50ドル台にまで急落。IPOの初値とほぼ同じ水準にまで下落しました。

しかし、その後、ほぼ一本調子で株価が上昇に展じ、5月12日時点で136.93ドルとなっています。

特に4月下旬以降に株価の上昇に加速がついたような感じですが、その背景としては、
ロイターが”スターバックスが中国でビヨンド・ミートの代替肉ランチメニュー提供へ”と報じたからという見方が有力です。

ロイターによれば、”スターバックスが、ビヨンド・ミートの製品を使用した新たなランチメニューの提供を中国で開始する”ということです。

ビヨンド・ミートは、スタバを通じて、本格的に巨大な胃袋を保持する中国市場に競合他社に先駆けて進出することが、投資家に強く響いたようです。

アメリカと中国の関係は、貿易摩擦・コロナで最悪ですが、中国人はスタバ好きですのでビヨンド・ミートがスタバのブランド力を得て中国市場に進出すれば、短期間に植物由来の代替肉の大きなシェアを占めることが可能になるでしょう。

ビヨンド・ミートは、上場して短期間に株価が高すぎる水準にまで上昇、バブル気味でしたが、投資家の加熱気味の期待に実績が追いつこうといったところにあるのかもしれません。

今後も、ホルダーとしてビヨンド・ミートの動向を注視していきたいと思います。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …