インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

投稿日:

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。

ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、その後7月に239.7ドルを高値をつけたあと、急落。

急落の背景としては、ビヨンド・ミートの成功を目の当たりにした食品メーカーの人口肉市場への相次ぐ参入によって、競争の激化が危惧されたからです。




2019年10月に100ドルを下回ったビヨンドミート(BYND)株価は、以降90ドル台と100ドル前後をいったりきたりのこうちゃく状態となっていました。

2020年に入り、コロナショックで50ドル台にまで急落。IPOの初値とほぼ同じ水準にまで下落しました。

しかし、その後、ほぼ一本調子で株価が上昇に展じ、5月12日時点で136.93ドルとなっています。

特に4月下旬以降に株価の上昇に加速がついたような感じですが、その背景としては、
ロイターが”スターバックスが中国でビヨンド・ミートの代替肉ランチメニュー提供へ”と報じたからという見方が有力です。

ロイターによれば、”スターバックスが、ビヨンド・ミートの製品を使用した新たなランチメニューの提供を中国で開始する”ということです。

ビヨンド・ミートは、スタバを通じて、本格的に巨大な胃袋を保持する中国市場に競合他社に先駆けて進出することが、投資家に強く響いたようです。

アメリカと中国の関係は、貿易摩擦・コロナで最悪ですが、中国人はスタバ好きですのでビヨンド・ミートがスタバのブランド力を得て中国市場に進出すれば、短期間に植物由来の代替肉の大きなシェアを占めることが可能になるでしょう。

ビヨンド・ミートは、上場して短期間に株価が高すぎる水準にまで上昇、バブル気味でしたが、投資家の加熱気味の期待に実績が追いつこうといったところにあるのかもしれません。

今後も、ホルダーとしてビヨンド・ミートの動向を注視していきたいと思います。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。 これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を …

米国株、これから買うとしたらグーグルかアマゾンか?

米国株を購入したいと思う人の多くは、自分に馴染みのある企業への投資を考えるケースが多いです。 米国株の特長としては、日本だとジャスダック市場に相当するナスダック市場のほうに現在のアメリカの先端IT企業 …

アメリカ株大型IPOのスナップに騰訊控股(テンセント)が出資で株価浮上

日本と同じようにアメリカ株式市場でもIPO株(新規公開株)はありますが、2017年3月に大型上場案件として話題になったのが スナップ(SNAP)です。 スナップ(SNAP)は、写真・動画共有アプリを運 …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …