インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

投稿日:

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。
株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い
くらいでした。

でも、今回のコロナショックでは、ボーイング社のようにもろにコロナの影響を受ける企業がある一方、ネットフリックス
アマゾン、そしてユーザーが急増したオンライン会議システムのZOOMのように逆にビジネスを急拡大させ、株価も上昇に
転じた企業があるなど、明暗が分かれました。

私が保有しているアメリカ株では、アメリカ優良株の代表格のクレジットカードのビザが大幅に株価が下落する一方、
アマゾンは急上昇となったため、大きなダメージを受けずに済みました。




■2020年4月現在のアメリカ株保有状況

アマゾン 7株

ビザ   80株

アドビシステムズ 10株

ビヨンドミート 96株

ZOOMビデオ   75株

ショッピファイ  6株

ゼンデスク   30株

上記のうちショッピファイは、知名度が低いですが、中小企業や個人事業主にも簡単にネットショップが
開設できるシステムをクラウドで提供し、急成長している企業です。

コロナ大流行で消費行動のネットへのシフトの増加が世界的に顕著になっていますので、今後、さらに
伸びていくのではないかと思っています。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …