インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

投稿日:

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。

狼狽売りはしませんでした。

その一方で、暴落時に買い向かうほどの度胸はありませんので、ボーイングやディズニーランドがここまで下がるかというときに買えなかったことが心残り。

基本、成長株志向ですが、唯一、高配当銘柄の大手薬品メーカーのABBVIE(アッビー)だけが損益マイナスのまま年を越します。

ZM(ズームビデオ)は、初期のころに投資したので長期保有するつもりです。

STNE(ストーン)は、ブラジルの高成長の決済会社。アメリカの企業でいえばペイパルに似た業態。

JMIA(ジュミア・テクノロジーズ)は、”アフリカのアマゾン”と評される人口急増地域のアフリカを地盤とするネット企業。

NIO(ニオ)は、自称?”中国のテスラ”。この3銘柄は大化け狙い。

もちろん、リスク高めですが、アマゾン等のアメリカIT企業に比べれば、株価はまだ低水準なので取り組みやすいというメリットを感じ、投資しています。

また、ブラジル、アフリカ、中国とアメリカ株ばかりになりがちなポートフォリオを多国籍化?する意図もあります。

欲をいえばインド株も欲しいところですが、魅力的な銘柄が見当たらないため、見送りしていますが2021年に”インドのアマゾン”が米国市場にIPOとして上場される予定ですので、今から楽しみにしています。

ただ、現状でも投資対象が15銘柄と多過ぎ、投資信託のようなポートフォリオとなっていますので、理想としては5銘柄くらいに絞りたいところですが、日本株と違い魅力的な投資対象が沢山あるため、絞り切れないことが課題と思っています。




■アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)
AMZN(アマゾン・ドット・コム)3株 +170.62 %

ZM(ズームビデオ)70株 +231.84 %

MS(マイクロソフト)50株 +15.16%

ADOBE(アドビ)10株 +54.14%

TSLA(テスラ)5株 +63.25 %

SQ(スクエア)60株 +46.27 %

SHOP(ショッピファイ)12株 +71.14 %

NIO(ニオ)214株 +181.91 %

STNE(ストーン)179株 +13.52 %

JMIA(ジュミア・テクノロジーズ)+19.76 %

PINS(ピンタレスト)229株 +117.22 %

PLUG(プラグパワー)108株 +15.09 %

GDRX(グッド・アール・エックス)86株 +13.76 %

FVRR(ファイバー インターナショナル)40株 +25.9%

ABBVIE(アッビー)50株 -2.26%



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

no image

ビヨンドミート(BYND)株価再浮上の背景は中国スタバでのランチ提供か?

植物由来の代替肉を製造・販売するアメリカ・ビヨンド・ミートの株価がこのところ急ピッチであげています。 ビヨンド・ミートは、2019年5月に1株25ドルでアメリカ・ナスダック株式市場にIPOとして上場、 …

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …