インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

投稿日:

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。

昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。

しかし、その後も株価は上昇基調となっており、3月8日に1,554ドルの高値をつけました。

同じ時期、アマゾンのライバルのグーグルの株価は、1,100ドル台で揉みあい気味となっています。



■グーグルとアマゾンの業績比較

下記のように業績面でグーグルとアマゾンを比較するとアマゾンは売上高については、グーグルの約2倍となっているのに対し、当期利益ではグーグルが逆にアマゾンの約7倍です。

さらにアマゾンのPERは、192.99倍とあり得ないような水準となっています。

★グーグルの2018年12月期業績(予想)

・売上高(百万ドル)
133,724.23

・当期利益(百万ドル)
29,094.44

・EPS(ドル)
41.38

・PER(倍)
28.03

★アマゾンの2018年12月期業績(予想)

・売上高(百万ドル)
233,418.66

・当期利益(百万ドル)
4,121.82

・EPS(ドル)
8.18

・PER(倍)
192.99



■アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が割高だと叫び続けられているにも関わらず、2018年にはいりほぼ一本調子で上昇しています。

この背景としては、アマゾンがリアルの小売業に全世界的に本格的に取り組み始めたことで投資の魅力度が増したからではないかと思います。

実際、アメリカではアマゾンの小売業への進出で大手スーパーが経営不振に追い込まれています。

一方のグーグルは、リアルビジネスについて、自動車を手がけたり色々取り組んでいますがアマゾンにおける小売業というようなわかりやすい動きに乏しいという感が否めません。

小売業は、日本を含め世界のGDPの約6割を占める巨大な市場です。

アマゾンの株高は、”アマゾンがいずれ全世界の小売業を支配するのではないか”という期待から、今後も好調を維持していくのではないかと思います。

グーグルとアマゾンはどちらも保有していますが、買い増しするなら迷うことなくアマゾンと考えています。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ株ポートフォリオ(2020年12月31日現在)ブラジル、アフリカ、中国株で多国籍化?

2020年3月のコロナショックの時の株価暴落で一時はどうなるのかと思いましたが、リーマンショックの時に比べれば実体経済は、悪くはなっていないはずと判断。 狼狽売りはしませんでした。 その一方で、暴落時 …

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

スマホ(iPhone)で儲かる米国株とは?ブロードコム(ティッカー AVGO)が有望か?

米国株に初めて投資しようと考えた時、投資先としてまず思い浮かぶのは、アマゾン、アップルにグーグル、フェイスブックというのが通り相場でしょうか。 米国株を配当利回りの観点から選択するという投資家であれば …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …