メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

投稿日:

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。

昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。

しかし、その後も株価は上昇基調となっており、3月8日に1,554ドルの高値をつけました。

同じ時期、アマゾンのライバルのグーグルの株価は、1,100ドル台で揉みあい気味となっています。



■グーグルとアマゾンの業績比較

下記のように業績面でグーグルとアマゾンを比較するとアマゾンは売上高については、グーグルの約2倍となっているのに対し、当期利益ではグーグルが逆にアマゾンの約7倍です。

さらにアマゾンのPERは、192.99倍とあり得ないような水準となっています。

★グーグルの2018年12月期業績(予想)

・売上高(百万ドル)
133,724.23

・当期利益(百万ドル)
29,094.44

・EPS(ドル)
41.38

・PER(倍)
28.03

★アマゾンの2018年12月期業績(予想)

・売上高(百万ドル)
233,418.66

・当期利益(百万ドル)
4,121.82

・EPS(ドル)
8.18

・PER(倍)
192.99



■アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が割高だと叫び続けられているにも関わらず、2018年にはいりほぼ一本調子で上昇しています。

この背景としては、アマゾンがリアルの小売業に全世界的に本格的に取り組み始めたことで投資の魅力度が増したからではないかと思います。

実際、アメリカではアマゾンの小売業への進出で大手スーパーが経営不振に追い込まれています。

一方のグーグルは、リアルビジネスについて、自動車を手がけたり色々取り組んでいますがアマゾンにおける小売業というようなわかりやすい動きに乏しいという感が否めません。

小売業は、日本を含め世界のGDPの約6割を占める巨大な市場です。

アマゾンの株高は、”アマゾンがいずれ全世界の小売業を支配するのではないか”という期待から、今後も好調を維持していくのではないかと思います。

グーグルとアマゾンはどちらも保有していますが、買い増しするなら迷うことなくアマゾンと考えています。



-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンが時価総額でグーグルを抜いた背景と今後の見通し

もはや、インターネット通販大手というより、世界的なリアル&ネット小売業というべき存在にまで成長したアマゾンが、株式時価総額でグーグルを抜いて、アップルに次いで2位に浮上しました。 ■アマゾンの株価上昇 …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …