インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事 投資信託に関する情報

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

投稿日:

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した
”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。

筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナーに参加し、その投資スタンス、運用方針が理解できたため、投資することにしました。

セミナーは、投資先を決定するためにアメリカの会社に行き、CEO等面談している姿を写真を用いて説明する等、とてもわかりやすい内容で、その場で投資を決断した参加者も多かったようです。

説明会に登壇したひふみワールドの担当者は、以前、某大手金融機関系の投信会社に居たとのことですが、ひふみ投信は、運用資金が前職と比較にならないほど多いので、これまで会えなかったようなレベルの経営者にも面談ができるようになったと述懐していました。



ひふみワールドの運用スタンスとは

ひふみワールドの運用対象は、約4割を占めるアメリカが中心ですが、次いで中国、フランス、イギリスドイツといった国ですが、一方でフィリピンの有力企業にも訪問しており、また、現段階では外国人の投資に制限をかけているインドにも投資対象を広げるとのことです。

投資報告書で実際に投資している企業をみると、アメリカの企業では、クレジットカードでお馴染みのVISAの他、SITEONE LANDSCAPE SUPPLY, INCという造園業者向けの造園用品販売会社にプロレスの興行会社のWORLD WRESTLING ENTERTAINMENT, INCと初めて聞くような企業まで、バラエティーに富んでいます。

また、アルゼンチンのアマゾンと評されているMERCADOLIBRE INCも上位の投資先となっています。

ひふみワールドでは、世界中の成長企業に投資するスタンスですので、日本国内では、ほとんど知られていないような企業が主要な投資先とされていることが最大の特長です。

まさにひふみワールドのキャッチフレーズの”世界にあふれるビックリ!をみつけにいこう”さながらの投資対象となっています。





ひふみワールドの魅力とは?

ひふみワールドの魅力には、国内向けのひふみ投信同様、手数料等が低コストということもありますが、それ以上に外国株を対象にした投資信託商品では皆無といえる”運用者の顔がみえる”投資信託であることに最大の魅力があると感じます。

どうしてこの企業に投資したのかという考えを定期的に運用責任者から直接、ヒヤリングできますので、外国個別企業への投資にも役立てることができます。

元々、筆者は米国株は個別投資スタンスですが、誰もが知るアマゾン、アップル、グーグル等ならともかく、アメリカの成長企業となると経営実態がよくわからないことがネックで、投資する機会がありませんでした。

ひふみワールドを通じて、アメリカの成長企業はもちろん、世界中の成長企業に投資することができますので、アメリカ株をはじめとした外国株に興味はあるものの二の足を踏んでいる方におススメしたいと思います。

筆者は、国内版のひふみ投信はこれまで一度も購入したことはありません。国内株であれば、会社四季報等でさほど知名度がたかくない企業でもある程度、情報が得られるため、日本株については、個別株投資で十分と考えたからです。

アメリカをはじめとした、外国の成長株については、投資判断に資する情報を得られにくいということもあり、プロに任せたほうが良い結果を得られるのではないかと思っています。

ひふみワールドの購入方法

ひふみワールドは、当初はひふみ投信による直販のみですが、主要な証券会社でも順次取り扱われる予定です。

購入方法は、スポット購入、積み立て購入の両方に対応しています。

ただ、可能なら直販で購入されることをおススメします。
以下のサイトから申し込みできます。
https://www.rheos.jp/toushin/




-アメリカ株に関する記事, 投資信託に関する情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2020年4月現在のアメリカ株保有状況

2020年は、コロナの影響で4月終わった時点でもう普通の年の何年分の出来事が世界中で起きました。 株式市場もリーマン以来というより、リーマン以上のコロナショックに見舞われ、ひところは株価を見るのも怖い …

日経新聞が報じたGAFAに次ぐ有望銘柄ランキングとは?★アドビ、セールスフォース・ドットコムが有力か

日本経済新聞は2018年9月7日に”米市場、次の有望株探し”というタイトルでアマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに次ぐ成長企業について解説記事を掲載しました。 記事では、アメリカで成長株に投資 …

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

米国株、これから買うとしたらグーグルかアマゾンか?

米国株を購入したいと思う人の多くは、自分に馴染みのある企業への投資を考えるケースが多いです。 米国株の特長としては、日本だとジャスダック市場に相当するナスダック市場のほうに現在のアメリカの先端IT企業 …