メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

アマゾンが時価総額でグーグルを抜いた背景と今後の見通し

投稿日:

もはや、インターネット通販大手というより、世界的なリアル&ネット小売業というべき存在にまで成長したアマゾンが、株式時価総額でグーグルを抜いて、アップルに次いで2位に浮上しました。



■アマゾンの株価上昇の背景

ロイター通信が報じたところによれば、2018年3月20日の米ナスダック市場の終値ベースでアマゾンの時価総額は約7680億ドル(約81兆円)。

グーグルの持ち株会社アルファベットは約7621億ドルと微差ながら、アマゾンが初めて株式時価総額でグーグルを抜いてアップルに次いで2位となりました。

アマゾンは、一般的には”本をはじめとしたネット通販で稼いでいる”という印象が強いですが、実際にはビジネス向けのクラウド事業で収益の大半を稼いでいます。

また、去年から、急速にアメリカのスーパー等のリアルの小売業に進出、アマゾンの影響で大手スーパーが経営不振に陥る等の大きな影響を与えています。

業績面からは、グーグルのほうが利益率等でアマゾンを上回りますが、投資家からすると”ネット小売に加えてスーパー等のリアルの小売に進出”という極めて理解しやすいアマゾンの動きに期待感が高まっていることが株価上昇につながっています。

こうした背景から、アマゾンの株価は、2018年に入りすでに約50%上昇しています。

現在のアマゾンの株価上昇スピードからするとグーグルを一気に引き離すことも十分に考えられると思います。

■先行きがはっきりしないグーグル

一方のグーグルは、”電気自動車等色々やっているようですが、本命は何?”という感じがしなくもありません。

そうした見方が有力になっているためか、グーグルの株価の上昇の速度はこのところ鈍り気味となっています。

グーグルは、収益的には広告業ですので、今後もアマゾンほど、明確な進路を打ち出せないのではないかと思います。

私はどちらも保有していますが買い増しするなら迷うことなくアマゾンと考えています。


-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米スナップ(SNAP)@ドイツ銀行が投資判断引き下げで株価下落

9月11日の米ナスダック市場で写真共有アプリ「スナップチャット」を展開する米スナップ(SNAP)が下落しました。 これは、ドイツ銀行が投資判断を引き下げたためです。 ドイツ銀行は、米スナップ(SNAP …

アメリカ株で高配当として魅力のある株ベスト3

アメリカ株に興味を持つ人は若い世代を中心に増えています。 でも、実際にアメリカ株を購入しようとする時に配当を重視して銘柄を選択する人とアップルやフェイスブック等、自分がユーザーとなっている企業から選択 …

ひふみ投信2017年7月度の運用先企業のシェア4位にマイクロソフトが浮上

ひふみ投信は、独立系の投信会社レオス・キャピタルワークスが設定・運用して、長期間にわたり、運用成績が優れていることで個人投資家に根強い人気があります。 ひふみ投信は、月単位で、どの企業にどのくらいのウ …

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …

ショッピファイ(shopify)株がアメリカ株のテンバーガー候補とされる理由とは?

これまで、ネットを通じた販売というとアマゾンの1人勝ちという状況が長く続いてますが、ここにきて、カナダ発のショッピファイ(shopify)という新興企業がアマゾンキラーとして俄かに注目を集めています。 …