インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

アマゾンが時価総額でグーグルを抜いた背景と今後の見通し

投稿日:

もはや、インターネット通販大手というより、世界的なリアル&ネット小売業というべき存在にまで成長したアマゾンが、株式時価総額でグーグルを抜いて、アップルに次いで2位に浮上しました。



■アマゾンの株価上昇の背景

ロイター通信が報じたところによれば、2018年3月20日の米ナスダック市場の終値ベースでアマゾンの時価総額は約7680億ドル(約81兆円)。

グーグルの持ち株会社アルファベットは約7621億ドルと微差ながら、アマゾンが初めて株式時価総額でグーグルを抜いてアップルに次いで2位となりました。

アマゾンは、一般的には”本をはじめとしたネット通販で稼いでいる”という印象が強いですが、実際にはビジネス向けのクラウド事業で収益の大半を稼いでいます。

また、去年から、急速にアメリカのスーパー等のリアルの小売業に進出、アマゾンの影響で大手スーパーが経営不振に陥る等の大きな影響を与えています。

業績面からは、グーグルのほうが利益率等でアマゾンを上回りますが、投資家からすると”ネット小売に加えてスーパー等のリアルの小売に進出”という極めて理解しやすいアマゾンの動きに期待感が高まっていることが株価上昇につながっています。

こうした背景から、アマゾンの株価は、2018年に入りすでに約50%上昇しています。

現在のアマゾンの株価上昇スピードからするとグーグルを一気に引き離すことも十分に考えられると思います。

■先行きがはっきりしないグーグル

一方のグーグルは、”電気自動車等色々やっているようですが、本命は何?”という感じがしなくもありません。

そうした見方が有力になっているためか、グーグルの株価の上昇の速度はこのところ鈍り気味となっています。

グーグルは、収益的には広告業ですので、今後もアマゾンほど、明確な進路を打ち出せないのではないかと思います。

私はどちらも保有していますが買い増しするなら迷うことなくアマゾンと考えています。


-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

農林中金厳選投資おおぶね(2020年4月現在)の投資対象のアメリカ株をウオッチ

アメリカ株を対象に”売りたくなるような企業には投資しない”というスタンスで、企業を厳選し、運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用レポートが送られてきました。 農林中金厳選投資おお …

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …

アメリカ株に株主優待がない理由と配当金の関係についてわかりやすく

日本国内では、桐谷さんの優雅な?株主優待生活に憧れて?株主優待目当てで株式投資をする人は少なくありません。 ところが、最近人気のアメリカ株には株主優待はないのです。 そもそもアメリカ株式市場では、株主 …

世界株価時価総額ランキングベスト20(2020年5月最新)

2020年5月13日現在の世界株価時価総額ランキングベスト20は以下の通りです。 サウジアラビアの石油会社のサウジアラムコのトップの座は当分、揺るがないのではないと思います。 ただ、そもそも国有の企業 …

アマゾンの台頭でアメリカ小売業が軒並み業績悪化・ウォルマートだけ生き残り?組

アマゾンが初めて実店舗をオープンして話題になりましたが、アメリカではすでに アマゾンを含むネット販売勢力と百貨店のメーシーズ、JCペニーとのリアル販売勢力とで厳しい競合が展開されています。 そのうちア …