インド株とアメリカ株でFIRE(成長株&高配当株)

インド株やアメリカ株や高配当のインドネシア株についてわかりやすくお伝えします。ます

アメリカ株に関する記事

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

投稿日:

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。

これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を250ドルに70ドル引き上げたことが要因。

週明けのナスダック市場では、先週の流れを受け、始値185ドル越えと連日の高騰です。



■エヌビディアのAIはコンピューター業界の基準に

エバーコアのアナリスト、CJ・ミューズ氏によれば、”エヌビディアは「人工知能(AI)を巡るコンピューター業界の基準を作りつつある”とのこと。

実際、エヌビディア(テイッカーNVDA)は、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、ソニーに中国のバイドゥ(百度)という世界の名だたる企業に採用されています。

その領域も自動車、ゲーム、ヘルスケア、ファイナンス、ライフサイエンスから教育まで様々な分野に広がりをみせています。

具体的にはグラフィック処理能力の高さを”画像認識技術による車の自動運転”に応用する等、これから需要が広がる分野に足掛かりを築いていることが強みです。

エヌビディアの株価はPER的にはすでに買われ過ぎの水準にありますが、この先のビジネスの広がる潜在的な可能性を考えると割高ではないように思います。

基本的にアメリカ株は長期保有目的で購入していますが、エヌビディアについては、ビジネス環境や業績が激変しない限り、3年はホールドするつもりです。

無名時代のヤフーやアリババに大金を出資して莫大な利益をあげたソフトバンクの孫氏がエヌビディアに出資をしたということである種の安心感があることは否めません。

今すぐ、投資しないまでもウオッチする価値のある企業であることは間違いないと思います。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

農林中金厳選投資おおぶね(2020年4月現在)の投資対象のアメリカ株をウオッチ

アメリカ株を対象に”売りたくなるような企業には投資しない”というスタンスで、企業を厳選し、運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用レポートが送られてきました。 農林中金厳選投資おお …

エヌビディア(ティッカーNVDA)の将来性について、株価が1年で3倍、今後は

ソフトバンクの総帥、孫正義氏が10兆円ファンドを通じて出資したことで日本で知られるようになったエヌビディア(ティッカーNVDA)。 孫氏は資本金の約5%に相当する約4000億円を出資しています。 孫正 …

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …

アメリカ株大型IPOのスナップに騰訊控股(テンセント)が出資で株価浮上

日本と同じようにアメリカ株式市場でもIPO株(新規公開株)はありますが、2017年3月に大型上場案件として話題になったのが スナップ(SNAP)です。 スナップ(SNAP)は、写真・動画共有アプリを運 …

米国株式市場の2020年休場日とサマータイムの開始時期・取引時間をわかりやすく

米国株式市場の2020年休場日は以下の通りです。 日本に比べてアメリカは休日が少ないですので休場日は1年で10日しかありません。 そのうち、5月25日と12月25日はロンドン市場も休場になります。 米 …