メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

エヌビディア(テイッカーNVDA)が高騰@185ドル越えで過去最高値を更新

投稿日:

アメリカでAI革命の立役者とされる米半導体大手エヌビディア(テイッカーNVDA)が9月15日に6.04%高の179.64ドルと、過去最高値を更新しました。

これは、エバーコアがエヌビディアの目標株価を250ドルに70ドル引き上げたことが要因。

週明けのナスダック市場では、先週の流れを受け、始値185ドル越えと連日の高騰です。



■エヌビディアのAIはコンピューター業界の基準に

エバーコアのアナリスト、CJ・ミューズ氏によれば、”エヌビディアは「人工知能(AI)を巡るコンピューター業界の基準を作りつつある”とのこと。

実際、エヌビディア(テイッカーNVDA)は、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、ソニーに中国のバイドゥ(百度)という世界の名だたる企業に採用されています。

その領域も自動車、ゲーム、ヘルスケア、ファイナンス、ライフサイエンスから教育まで様々な分野に広がりをみせています。

具体的にはグラフィック処理能力の高さを”画像認識技術による車の自動運転”に応用する等、これから需要が広がる分野に足掛かりを築いていることが強みです。

エヌビディアの株価はPER的にはすでに買われ過ぎの水準にありますが、この先のビジネスの広がる潜在的な可能性を考えると割高ではないように思います。

基本的にアメリカ株は長期保有目的で購入していますが、エヌビディアについては、ビジネス環境や業績が激変しない限り、3年はホールドするつもりです。

無名時代のヤフーやアリババに大金を出資して莫大な利益をあげたソフトバンクの孫氏がエヌビディアに出資をしたということである種の安心感があることは否めません。

今すぐ、投資しないまでもウオッチする価値のある企業であることは間違いないと思います。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エヌビディアが連日の高値更新で株価200ドル突破@楽天証券内売買高で3位ランクイン

米半導体大手で、電気自動車関連株として有望視されているエヌビディア(ティッカーNVDA)が11月に入り、株価の上昇が加速し、初めて200ドルを突破しました。 11月3日の寄り付きでは、207.2ドルを …

ひふみワールドの運用スタンス・魅力・購入方法についてわかりやすく説明

人気の独立系投資信託のひふみ投信が満を持して、販売を開始した外国株に特化した ”ひふみワールド”を2019年10月に設定、販売を開始しました。 筆者は、東京・丸の内のひふみ投信の商品を説明するセミナー …

バフェット氏がIBM株を大幅に売却する一方、アップルは買い増し

アメリカ株に投資していくうえで、世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏の動向のウオッチは必須といえます。 そのバフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有する主力株の一つであったIBM …

バフェットが2020年に売却したと伝えられる銘柄一覧

世界中の投資家からその一挙一動を注目されているバフェット率いるアメリカ投資会社のバークシャーは、コロナショックによるNY市場再暴落を機に、投資対象を見直し、少なくない銘柄を売却したことが報じられました …

モーニングスターが米国株セミナーを2018年4月21日東京ミッドタウンで開催

投資情報サービスのモーニングスターが”2018年米国株のはじめ方 米国株式・ETFセミナー 成長企業の魅力がわかる!これからはじめる米国株”と題して米国株セミナーを2018年4月21日に東京ミッドタウ …