メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

中国株に関する記事

中国版ツイッター、微博(ウェイボー)の株をアメリカ市場で購入してみた

投稿日:

中国の株式は、これまでテンセント等を主として香港市場を通じて購入しています。

中国の株式の中にはアメリカ市場のナスダックやADRに上場している会社がアリババ等幾つかあります。

今回、以前から注目していた微博(ウェイボー)の株をアメリカ市場で購入しました。

微博(ウェイボー)の株価は、このところ急騰しています。



■微博(ウェイボー)とは?

微博(ウェイボー)は中国最大のSNSで、別名中国版ツイッターと称されています。
中国では、「Facebook」「Twitter」の利用は禁止されていますので、いわば政府公認のSNSといった存在です。

中国人は、こちらが想像している以上に口コミが発達していることもあり、コミュニケーションツールとして、日常生活に定着しているようです。

微博(ウェイボー)は、個人と個人はもちろん、企業と個人とのコミュニケーション・情報収集ツールとしても利用されています。

ツイッターとの違いとしては、動画等の画像情報が充実していることにあります。

登録アカウント数が6億、デイリー投稿数1.6億件と推定されています。

■業績好調の微博(ウェイボー)

SNSの本家、アメリカのツイッターは業績不振が続いていますが、微博(ウェイボー)の業績は絶好調です。

8月9日に公表された2017年第2四半期の決算では、2017年6月までに、ウェイボーの月間アクティブユーザーが3.61億に増加、携帯端末での月間アクティブユーザーが92%を占め、最高記録を更新したということです。

営業利益は17.3億元で、純利益は前年比152%となり大幅に増加しています。

■中国株に投資するならネットビジネス系?

私は外国株でアメリカ株と中国株をメインに投資していますが、グーグル、テンセント等のネットを主戦場とする企業に重点を置いています。

アメリカは、ネットビジネスの本場ですし、中国は、フェイスブックやツイッターが使えないことで強力な競合がいないことと自国民だけで軽く5億、6億のユーザーを短期に獲得できるというところが強みだと考えています。

中国では、ネットビジネスではテンセントとアリババの2強が競っています。

微博(ウェイボー)の大株主にはアリババが名を連ねていますのでアリババ系企業ともいえます。

日本企業の中にグーグル、フェイスブック、テンセントというような世界的なネットビジネス企業が存在しないことも外国株に
投資する大きな動機となっています。



-中国株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中国本土市場に近く上場の可能性のある中国企業一覧(百度、テンセント他)

今年に入り、中国で天猫やアリペイを運営するIT企業の雄の”アリババ”が中国本土市場に上場するのではないかという見方が浮上しています。 そもそもアリババは、香港市場で上場デビューを目論んでいましたが、審 …

no image

米シティがテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げ★再び右肩上がりか?

アメリカのシティが中国の世界的IT企業のテンセントの目標株価を538HKドルに引き上げたと報じられました。 テンセントの株価は、2018年3月13日は前日比、+2.80の462.80HKDで引けました …

no image

科大訊飛(アイフライテック)や小米は全人代代表企業で中国政府お気に入り?

5年に一度開催される中国共産党の党大会の次に中国における重要な政治イベントである、全国人民代表大会(全人代)が3月に開催されました。 この全人代には中国全土の共産党や政府の指導者が集まりますが、経済分 …

no image

テンセントの株価が2018年3月23日に急落した理由とは

テンセントは、2018年3月21日に年間売上高が前年比56%増の370億ドルだったことを明らかにしました。 この決算内容だけをみたら、業績絶好調と個人投資家は捉えがちですが、機関投資家を中心とした市場 …

no image

中国のスタバ・ラッキンコーヒーCEOが不正会計問題で解任

中国のスタバとして、一時世界的にも注目を浴びていた中国のコーヒーチェーンのラッキンコーヒーが2020年5月12日に銭治亜CEO(最高経営責任者)と劉剣COO(最高執行責任者)の2人を解任したと日本経済 …