メキシコペソで天国とトルコリラで地獄?@日々のトレード&スワップ狙い

コロナショックでメキシコペソ強制ロスで一発退場、地獄をみた筆者が新たな手法で天国を目指して日々トレードする姿をお伝えします。

アメリカ株に関する記事

エヌビディアが連日の高値更新で株価200ドル突破@楽天証券内売買高で3位ランクイン

投稿日:

米半導体大手で、電気自動車関連株として有望視されているエヌビディア(ティッカーNVDA)が11月に入り、株価の上昇が加速し、初めて200ドルを突破しました。

11月3日の寄り付きでは、207.2ドルをつけ、勢いが持続しています。




エヌビディアは、2017年に入り、株価がほぼ2倍の約90%値上がりしており、アマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルに続く企業として、電気自動車のテスラと並び一躍、市場の注目を集めています。

■データセンターチップ「Volta」が有望視されるエヌビディア

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピュータ(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社でこれから爆発的に市場が広がるAI関連企業として、その動向が注目されています。

アメリカのアナリストは、エヌビディアの特にデータセンターチップ「Volta」に大きなビジネスの可能性があると判断しています。

ソフトバンクの総帥の孫正義氏が大規模出資したことで日本でも認知度が高まってきています。

ニーダムとエバーコアISIは、エヌビディアの目標株価を250ドルと強気の見方をしています。

エヌビディアはすでに日本人投資家の間では人気銘柄となっています。
私が利用している楽天証券では、2017年11月2日の売買代金ランキングの3位につけています。

■楽天証券 米国株式(ETF・ADRを除く) 売買代金ランキング-上位10銘柄

1.KR KROGER CO(クローガー) 小売

2. JCP J. C. PENNEY COMPANY, INC.(JCペニー) 小売

3.NVDA NVIDIA CORPORATION(エヌビディア) 半導体関連

4.TSLA TESLA INC(テスラ) 自動車・自動車関連

5.AMZN AMAZON.COM, INC.(アマゾン・ドット・コム) 小売

6.GS THE GOLDMAN SACHS GROUP, INC.(ゴールドマン・サックス・グループ) 金融(証券)

7.COH COACH, INC.(コーチ) 小売

8.T AT&T INC.(AT&T) 通信関連

9.INTC INTEL CORPORATION(インテル) 半導体関連

10.IBM INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION(IBM) コンピュータ関連

■まとめ

私も9月に購入。すでにかなりの含み益がでています。
長期保有すれば、大化けする可能性がある企業だと思います。

日本の企業にNVIDIAのような企業が出てこないことが、アベノミクスと囃し立てても今一つ、経済の浮揚感が感じられない大きな理由ではないでしょうか。




-アメリカ株に関する記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマゾンはグーグルより強し?アマゾンの株価が好調な背景と今後について

アマゾンの株価が2018年に入り好調です。 昨年末に株価が1,200ドル(円換算で約12万円)となったときには、いくらなんでも高すぎという声が大半を占めていました。 しかし、その後も株価は上昇基調とな …

ショッピファイ(shopify)株がアメリカ株のテンバーガー候補とされる理由とは?

これまで、ネットを通じた販売というとアマゾンの1人勝ちという状況が長く続いてますが、ここにきて、カナダ発のショッピファイ(shopify)という新興企業がアマゾンキラーとして俄かに注目を集めています。 …

アメリカ株版会社四季報@米国株会社四季報2017年秋冬号で紹介されている有望企業とは?

ここ最近、米国株や中国株等の外国株に対する関心が高まってきているようです。 特に米国株については、20代から30代の若い世代で、アップルやフェイスブック、グーグル等、日常生活で馴染みのある企業に投資す …

ウォルマートがグーグルと提携、アマゾンと対決へ

アマゾンは、2017年8月28日にアメリカ食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットの買収を完了する予定です。 ネット販売の王者であるアマゾンがリアルの小売業に足を踏み入れ始めたということで アメリカ …

no image

アメリカで高配当株とされる主な企業一覧(2018年)

アメリカ株への投資スタンスとしては、グーグルやフェイスブック、アマゾン等の成長株に投資して、長期保有、”ひたすら株価が倍増する”のを待つという”成長株派”が一大勢力になっています。 一方で、アメリカ株 …